加害者家族支援と被害者家族のディスカッション

2016年09月29日 · 未分類

昨夜は被害者支援団体代表片山徒有さんと加害者家族支援団体阿部恭子さん他弁護士、保護司のパネルディスカッションと懇親会でした。

常日頃からお世話になっている方々とのディスカッションで、とても有意義な時間でした。

会場には被害者ご遺族の方などもおみえになり、様々な問題や課題を知ることができました。

片山徒有さんは、片山隼くん事件のご遺族(お父様です)
ディスカッションの中で、「隼くんを亡くしたことで価値観が一変した」という言葉が私にはよく理解できました。

当社が検察官の不起訴処分理由を鵜呑みにせず、しっかり聞いて再調査する根拠になっている事件です。

片山隼くん事件
Wikipediaから以下のとおり。

1997年11月28日朝、東京都世田谷区で青信号で横断中だった小学2年生男児児童(当時8歳)が渋滞で停車中のダンプカーにひかれて死亡する事故が発生。

ダンプ運転手(当時32歳)は業務上過失致死罪と道路交通法違反(ひき逃げ)で現行犯逮捕されたが、12月28日に検察はダンプ運転手を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

遺族が後でダンプ運転手が不起訴になったことを知って検察に問い合わせたが、刑事訴訟法(当時)に処分内容や理由の通知は告訴人や告発人に限られており被害者や遺族について規定がないを理由に東京地検は「処分理由を教える義務はない」と回答した。

この検察の対応が報道され、国会でも取り上げられた。

1998年5月、遺族が東京第二検察審査会に審査を請求。また遺族の目撃者探しによって新証言が出てきたため、ダンプ運転手を業務上過失致死罪で在宅起訴し、ひき逃げ容疑については「事故に気づいていながら逃走したとは認められない」として、不起訴にした。

東京地検は禁錮2年を求刑し、東京地裁は禁固2年執行猶予4年判決を言い渡した。

遺族は民事訴訟を起こし、裁判所は「被害者に過失は一切認められない。運転手の一方的な過失」と認定して、運転手と会社に総額3200万円の支払いを命じた。

この事件の検察の対応が問題視されたのがきっかけで、事件の処分を被害者等に知らせる「被害者等通知制度」が導入された。
以上

写真は懇親会の会場で片山徒有(右)さんと。

隼くん、君の尊い命は決して無駄になっていないよ。
安らかにお眠り下さい。

合掌

image

コメントは受け付けていません。タグ :

名古屋での交通事故そうだん

2016年09月15日 · 未分類

image

昨夜の長野県から急きょ名古屋で交通事故相談を受けることになった。

ご遺族は事故発生時に何が起きたのかを知らない。
全ては警察、検察の捜査結果を頼るしかない。

しかし捜査結果に疑問が生まれそれを合理的に説明する理由ごなければいわゆる捜査段階における二次被害を受ける。

なんとか解決の糸口を見つけたいと思う。

コメントは受け付けていません。タグ :

長野県での交通事故調査

2016年09月15日 · 未分類

image

長野県佐久平で交通事故調査を行った。
現場に来るのは3回目。

ここに来て新たな事実が判明した。

机上では絶対わからないことである。
机上の推論は前提に間違いがあると修正する機会を失ってしまい、事実が見えて来ない。
もやもやとしていたものが現場に足を運ぶことだ、もやもやが晴れると新たな事実が見えてくる。

だから自信を持って鑑定結果を書くこともできる。

コメントは受け付けていません。タグ :

札幌市内での交通事故調査

2016年09月11日 · 未分類

image

札幌市に来ています。
目的は裁判も終盤に入っている交通事故現場での現地調査です。

最近立て続けて現地調査もしない鑑定書というものを見ています。
その鑑定人は大手保険会社のお抱え鑑定人です。
彼が書いた鑑定書を拝見して驚きました。

約30ページの鑑定書ですが15ページほどは名古屋で取り扱った事件の鑑定書と同文でした。
なるほど現場確認もしないで鑑定書が書ける理由がわかりました。

裁判の中でその実態を明らかにしていこうと思います。

コメントは受け付けていません。タグ :

警察捜査が必ずしもプロの結論ではないこと

2016年09月09日 · 未分類

少し長く、交通事故とは直接関係ありませんが、亡くなられた一巡査の命を社会として無駄にしないためにも、時間がある時に是非お読みください。

以下、週刊金曜日ネットニュースから転記です。

裁かれる埼玉県警機動隊の“殺人訓練”――何度もプールに沈め溺死に

水深3メートルのプールの底まで繰り返し力ずくで沈め、動かなくなると引き上げて放置する。殺人、または拷問死というほかない残虐な事件が埼玉県警で起きた。

埼玉県警機動隊「水難救助隊」の新人隊員・佐々木俊一巡査(享年26)は、2012年6月29日、朝霞市の機動隊のプールで潜水「訓練」中、溺死した。遺族の調査で浮かんできたのは、「訓練」に名を借りたリンチだった。

俊一さんは機動隊員の暴行によって死亡したとして、母・千春さんら遺族が、今年6月28日、埼玉県や救難救助隊の巡査、巡査部長、警部補ら4人を相手取り、総額約1億9000万円の損害賠償を求める国家賠償請求訴訟をさいたま地方裁判所に起こした。

「真相を知りたい。被告の警察官たちには正直な話をしてほしい」

翌29日、命日に開いた記者会見で遺族は涙ながらに語った。

遺族や弁護団(野本夏生弁護団長)によれば、主に警察から聞き取った事実をもとに判明した経緯は次のとおりである。

12年6月29日午後4時ごろ、基礎訓練に続き、「完装泳法」の訓練に移った。空気ボンベ、シュノーケル、足ヒレなど重量38キロの装備を身につけたまま、ボンベの空気を使わずシュノーケル呼吸のみで、潜ったり立ち泳ぎをする訓練だ。

俊一さんは変形性膝関節症で足が痛かった。訓練開始からまもなく、プールの浅い部分(水深1・2メートル)に移って足をつき、訓練中止を申し出た。痛みのせいで立ち泳ぎが続けられない。

だが、指揮官のI巡査部長は訓練続行を命じた。俊一さんはやむなく泳ぎ続けた。しかし、やはり痛い。とうとうプール内壁に取り付けられたはしごをつかんだ。そして中止させてほしいと訴えた。

するとプールサイドにいたN巡査部長が、俊一さんの顔を足で何度も踏み「佐々木、つかむんじゃねえよ」と怒鳴った。そして、「無理です」と繰り返す俊一さんを力ずくではしごから引きはがした。
俊一さんはパニック状態に陥った。

続いて、水に入っていた指導員のW巡査が俊一さんをプールの深い部分に連れていき、背後から両肩に手を置き、体重をかけて水深3メートルの底まで沈めた。5、6秒かけて浮いてくるとまた同じ要領で沈めた。I巡査部長の指示だった。

俊一さんは水中メガネとシュノーケルを顔に着けたままはずすことは許されなかった。シュノーケルの管内や水中メガネの中に水が入り、呼吸ができなかったとみられる。

4回ほど沈められた結果、俊一さんは水中で動かなくなった。すると、そのまま10秒ほど放置され、ようやくプールサイドに引き上げられた。呼吸や心拍の確認はしなかった。人工呼吸もしていない。そればかりか「死んだふりか」などと言って往復びんたをした隊員もいた――。

119番通報は引き上げから8分後。俊一さんは病院に運ばれたが死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は溺死。両肺に大量の水が入ったままだった。

【私的制裁の疑い】

埼玉県警によれば、繰り返し沈めた行為は、ボンベの空気が吸えなくなった場合の対処法を学ぶ訓練だったという。しかしI巡査部長は、事前に「佐々木をやりますよ」と不穏当な発言をしており、私的な制裁だった疑いは濃厚だ。

現在、W巡査が業務上過失致死罪で起訴されている。

もともと俊一さんは東入間署の地域課に所属し、交番勤務を主な仕事としていた。運動は苦手。水に潜って遊んだ経験もない。機動隊への異動を告げられたのは12年3月。自ら希望したわけではなく、とまどっていた。遺族によれば、訓練は辛そうだった。膝も機動隊に入ってから負傷した。事件直前には「死ぬかもしれない」と漏らしていた。意識を失ったこともあった。そして、辞めたい旨上司に相談していたという。辞意を伝えたことに対する見せしめ的な報復の可能性はある。

(三宅勝久・ジャーナリスト、7月24日)

以下日本交通事故調査機構の投稿

痛ましい。
個人的には警察官の幼稚性を痛感する。

ところで各部署で勤務している警察官は自分の希望だけではない。
公務員である以上は辞令で全く希望しない部署、畑違いの部署で勤務しなければならない。
(亡くなられた佐々木巡査も希望もせず、畑違いの機動隊に配置されている)

だから、事件事故で対応してくれる警察官全てが、事案処理に精通しているわけではないし、被害者や被疑者(加害者)が期待するほど、高い使命感、士気を持っているわけではない。

事件当事者にしてみれば、県民から捜査権限を付託され税金で運営しているのだから、職種部署の好き嫌いで仕事をするな、しっかり使命感を持ってやれよとお叱りを受ける。

しかし人である。やりたくない仕事を親身になって愚直に取り組むことはできない。
最低限以下の仕事でも日の丸を背負うと社会、国家はプロの捜査結果と評価してくれる。

ここに警察捜査結果やその対応に不信感を抱く関係者が生まれる一つの要因がある。

私は交番勤務から始まった。
交番勤務では警察官の基本勤務と言われる巡回連絡と立番という勤務が大嫌いだった。基本勤務が嫌いなのだから、勤務態度もいい加減、市民応接も適当だった。

任官3年目から白バイ乗務と覆面パト乗務の辞令をもらった。
希望していたし楽しく、下命が無くても悪質危険違反の検挙、取締りに夢中になった。
士気も高く、白バイ警察官の最大の武器である切符処理を自在に行えるように交通法令も研究した。

白バイを降りて交通事故捜査を担当した。
交通事故捜査の重要性、魅力に引き込まれ白バイをはるかに上回るやり甲斐を感じて仕事をしていた。
事故処理担当日は、寒暖昼夜かかわらず事故現場に臨場するのが楽しかった。
(事故捜査を好む警官は少ないので稀な方かもしれない)

事故捜査係の後、辞令で留置管理という現場から管理部門に配置になった。
重要な部署であることは十分理解しているが、正直、私には毎日がつまらない部署だった。
確かに多くの未経験部門を学んだし、バスを運転する機会も多くあり、仕事に幅を持つことがてきた。
こんな心理で働いていたから目立った功績で表彰されたことはない。

勿論、留置管理部門こそ警察の要と働き甲斐を持って勤務している警察官もたくさんいる。

私が、事件事故処理をしてくれるのが全て一流のプロ集団ではないことを知った上で書類を見ているのは、私自身の経験によるものである。

機動隊は「治安維持の最後の砦」と言われ、機動捜査隊は「初動捜査のプロ」など各専門職部隊のようなイメージが持たれている。

しかしプロには士気が絶対に欠かすことができない条件である。
そして辞令は人それぞれに士気を与えるし、奪いもする。

士気が育たない組織では、部署の雰囲気に馴染めない者、苦手が者が槍玉に挙げられる。
幼い集団ではイジメになる。

辛かっただしょう、苦しかったでしょう。先輩や上司に理不尽さを感じたことでしょう。

亡くなられた佐々木巡査のご冥福を心からお祈りいたします。

コメントは受け付けていません。タグ :

日本交通事故調査機構の倫理

2016年09月08日 · 未分類

image
企業倫理の柱として、当社は宮城県倫理法人会仙台広瀬倫理法人会に参加しております。

9月6日、宮城県倫理法人会役員辞令交付式が行われ、平成29年度は朝礼福委員長の辞令をいただきました。

役を知り、役に徹し、役を越えない役職者の心得を胸に一年を過ごしたいと思います。

倫理法人会は、異業種交流の場でもあり、私は様々な企業経営者から貴重な経営体験や家族、家庭を学ばせてもらっております。

私が倫理法人会との繋がりを持つ最大の理由は、「自分が考えている常識が全てではない。井の中の蛙にならず大海を見て事物を判断しよう。」と感じているからです。

警察官時代、警察一家という言葉に代表される排他的志向が顕著な警察組織内の、更にその中の上司の尺度だけで、大海を見ずして事件事故処理をしてきた反省に立つからです。

宮城県倫理法人会加盟事業所3000社達成を目前にしております。
さらなる出会いと学びがあることを楽しみにしております。

image

コメントは受け付けていません。タグ :

静岡市内の交通事故調査、打合せ

2016年09月05日 · 未分類

image

本日のコラムはかなり生々しい。
精神的にまだ不安定なご遺族などはスルーしてもらって構わない。

4年前、高校生がバイクに乗車中、トラックに轢過されて死亡する事故が発生した。
フルフェイスのヘルメットは押しつぶされて変形し、頭部損傷も激しい。
ヘルメット外表には回転創のゴム様の付着物が肉眼でも認められる。

では何が問題になっているのか?
副検事の認識である。

警察捜査結果に従えば説明がつけられないヘルメットと頭部損傷について、副検事は「バイクが転倒した際に壊れたものだ」と結論付けたことである。

現場を知らない検察官が、物を見ず、机上の書類で捜査という名前の仕事をするとこうなる。
検察官に噛み付く法曹人も限りなく少ない。
さらにこのような結論を出す検察官は、他にも奇怪な現象を「これはおかしい」と言えないからご遺族は不信感を抱く。

ようやく素晴らしい弁護団と出会い、地味な調査を繰り返し、やっと裁判所も少し問題意識を持ってくれたようだ。

あと一息、故人の代弁者となって頑張ろう!

コメントは受け付けていません。タグ :

虚偽作成文書による交通事故捜査

2016年09月04日 · 未分類

昨日、お母様を交通事故で亡くされた方から相談の電話を受けた。
刑事裁判か始まって初めて知った捜査報告書の数々にはお母様の非によって事故が発生した内容で仕上げられている。

警察官から受けていた説明、客観証拠と全く異なった実況見分調書や捜査報告書に驚き、警察官に確認を求めると、実際と異なる内容を記載して報告書を作成したことを認める。

虚偽記載内容は警察署長の判断を誤らせ、検察官の判断を誤らせ、裁判官の判断を誤らせて刑事裁判は終結した。

私は絶対に許せない。

お母様の名誉回復には警察官の公文書虚偽作成は公にされ刑事処罰を与えるべきと私は思うが、ご遺族にとっては想い裁判になるだろう。

小さな私の正義感よりもご遺族の意向を大切に見守ることにした。

コメントは受け付けていません。タグ :

名古屋地裁での交通事故裁判

2016年09月03日 · 未分類

2016.9.2名古屋地裁902法廷で行われた「道路交通法違反」の裁判傍聴に行った。

この事件は平成27年7月深夜、名古屋市南区の路上で鈴木登喜夫さんが自動車に轢過され死亡、運転手は逃走し一旦帰宅。その後現場に立ち戻り逮捕された「自動車運転過失致死並びに道路交通法違反」事件である。

事件の死亡事故部分(自動車運転過失致死罪)は既に刑が確定している。

この裁判の道路交通法違反とは、運転手の行為が「ひき逃げ」となるのかを争うものである。

名古屋地検は事件発生以来、3度運転手を不起訴処分(ひき逃げは処罰しない)としていた。

しかしご遺族の粘り強い申し出や多くの支援者のお力をいただき、名古屋地検は不起訴処分を撤回し、3年の時を経て道路交通法違反(ひき逃げ)部分の起訴を決めた。

当社はこの事件の中でご遺族の協力をもらいながら実験を行い自信を持って「ひき逃げを立証し運転手を罪に問える」という結論の調査報告書を作成した。
その調査報告書は刑事裁判の中で検察官から被告側弁護人に開示され、現在は同意・不同意の意見待ちとなっている。

名古屋地検検察官も本腰を入れて捜査に乗り出してくれた。
県警の捜査協力を得て当社同様の実験を行ってくれている。
実験結果について当社はまだ把握していない。

ところで今回の裁判では鈴木登喜夫さんが轢過される一部始終を目の前で見ていた目撃者の証人尋問が行われた。
目撃証言を聞いていて当社が行った実験結果は、目撃者が事件発生当日に見た轢過事故状況を忠実に再現していると確信した。

証言を聞いて被告運転手を死亡轢き逃げ事故の罪に問えるとした検察官の判断は正しいと感じた。

また目撃証言の中では、過去3度も不起訴とした目撃者に対する検察官取調べ状況が指摘された。
検察官主尋問で、検察官は過去の検察官取調べの方向性に誤りがあったことを指摘、証言させる結果になり、まさに身を切る思いで辛く勇気がいったことを察する。
敬意を表したい。
私も事件によっては古巣の県警捜査批判をする場面が度々あり、本当に苦しくなるからよくわかる。

しかしこうやって事件の真相が明らかになり、起訴不起訴、有罪無罪が正しく決まるなら私はそれでいいと思っている。

裁判はまだまだ続く。

写真は鈴木登喜夫さんのご遺族と名古屋地裁前で再会
閉廷後、検察官説明を受けほっと一息つく佐々木

image

image

コメントは受け付けていません。タグ :

鑑定した事故の裁判

2016年09月02日 · 未分類

image

9月も相当日数の現地調査と裁判や打合せが予定されています。
9月2日、最初の出張は事件打合せとその後は、ずっと携わっている死亡事故の裁判です。

気が重くなるのですが欠かすことができない局面まで裁判が進行しており、研究したいと思います。

それは調査不足部分を補うために、自分の目でしっかり確認して対応したいと思います。

コメントは受け付けていません。タグ :