2012年04月30日のエントリー

大型バスの交通事故調査

2012年04月30日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

重大交通事故がとまりません。京都、千葉、愛知と続き次は群馬関越自動車道です。大型高速バスが自損で道路左側の防護壁に衝突し、7名が死亡しました。運転手は「居眠り運転をした」と説明しています。大型バスは丈夫そうに見えますが実は車体の軽量化を図るためにボディ全体が非常に薄っぺらな板でできており、強度はありません。車内の乗客を雨風から保護する程度の物です。座席の下も、ほとんどはトランクルームとなっていて空洞です。車体の上半分が窓ガラスなんていうバスもあるように、大型車両でもダンプカーのように補強版をとりつけて強度を増しているものとは根本的に車の構造が異なっているのです。ですから今回の事故のように防護壁や中央分離帯などに衝突すると、防護柵などの衝突物が車内を串刺しにするようにのめりこんできて、死傷者が多数でる大事故になってしまうのです。
この事故は群馬県警高速隊の当番小隊が中心となって他から応援をもらいながら処理することになるのでしょうが、不祥事、不手際を起こすことなく真摯に対応して欲しいと思います。
私は高速バスの事故処理経験はありませんが、路線バスの人身事故は数件取り扱ったことがあります。バスの事故で最も神経を使うことは、乗車人員の人定作業でした。マイカーの事故と違い、路線バスや高速バスは乗員につながりがないため、どこの誰が乗っていて、怪我をしたのかの把握ができないのです。そのため報道発表も不完全な状態で行われ、情報が二転三転して混乱させる結果になるのです。すると警察はどんな情報収集方法をとっているんだという不信感を抱かせてしまいます。
また、路線バスの場合、比較的軽症の方や怪我をしなかった方などは、警察官の到着を待たずに帰ってしまうこともおこるのです。
そして、後日診断書を提出されると、警察では人定を把握しておりませんので、本当にその事故による怪我の診断書なのか、本当にそのバスに乗り合わせていたのか、など交通事故証明書を発行できるかの判断をせまられ一般事故とは異なる気苦労があるのです。
報道を見る限り関越自動車道での高速バス事故の乗客は、大半がインターネットで申し込んだ方々らしくツアーを企画した会社もバス会社も正確な乗客の把握に苦慮していると思います。
会社としての運行責任など調査(捜査)事項は多義にわたり、省略化した解決策に流されないで欲しいと思います。遺族、被害者、報道関係者などはしっかり捜査の行方を見届けてください。

[続きを読む →]

タグ :

居眠り運転の事故調査

2012年04月27日 · コメント(0) · 未分類

京都亀岡市の10人が死傷した少年の無免許運転交通事故で、少年は「ふっと意識がなくなり、一瞬眠ってしまった」と説明しているということです。これは言い訳としてよく聞く言い訳で、一般的にはその供述だけで少年は無免許運転の上、居眠り運転して事故を起こしたという理屈が通るところです。わからないでもない。
みなさんが学生時代、退屈な授業や講話を聴いている時に、どうしても睡魔に負けてしまい、こっくり、こっくりとしつつ、一瞬ガクンと頭が下がり、はっと目覚め、またこっくり、こっくりが始まり船漕ぎになっているけど、必死に寝てはいけないと頑張っている経験があると思います。これが居眠り運転の原理ですが、少年はこの「一瞬ガクンと頭が下がってしまった時、ふっと意識がなくなった」ことで事故を起こしてしまったと言っているのです。この睡魔の表現は説明したとおり我々も経験していることで、一般的には居眠運転として分かりやすい表現となり捜査も順調に進んでいる感じになってしまいます。
ところが、居眠り運転を立件しようとする時、このふっと意識がなくなり一瞬眠ってしまった、という点をいかに詳細に事故調査(捜査)しても的外れの調査結果となってしまうのです。不完全な調査結果ということになります。ここが居眠り運転の最も難しいところで警察官もできるなら居眠り運転での立件は見送り、できれば別の過失で送致したいと願います。
先ほどの退屈な授業中の例で、ではいったい授業が始まってから最初に眠気を催したのはいつですか?と聞かれると授業が始まって5分くらいしてからとか、もう授業が始まる前からすでに眠かったとか、いろいろとあやふやな、大体の説明となってしまいます。これが絶えず移動している車の運転行為中に置き換えると、最初に眠気を催した地点はどこですか?と指示説明を求めても、かなりアバウトで、いい加減な回答しかできないのです。少なくても実況見分調書の単位である10cm単位の説明はできず、さらに概算として1m単位で表現しようとしても無理だと思います。そこで調査官(捜査官)としては、「眠いと思って窓を開けた地点はなかったか?」とか「眠気覚ましにガムをかんだ地点とかジュースを飲んだ地点とか、たばこを吸った地点はなかったか・」などポイントとなる地点を教示し、本当にアバウトな地点を特定していくことになってしまうのです。ですから実況見分の図面も5kmと10kmとか長くなってしまうものです。誰だってやりたくない仕事です。まして運転手本人だって単なる友人との夜間ドライブで走った経路など覚えてる訳がありませんので、そのあたりから事件の真実があやふやになってしまうのです。実際にはこの次に、もう運転が無理だと思うくらいに眠気を感じた地点はどこか?という地点の特定もしなければなりません。交通事故調査に精通していない人は「そんな地点にこだわったってしょうがないじゃないか、もともと無理なことだし、ようするに少年は居眠り運転をしたと自供してるんだから十分だろう」と言います。しかし、居眠り運転を立証しようとするのだから「運転が無理だと思うくらいに眠気を感じた地点」で運転を中止していれば事故を未然に防止することが可能だったのです。この地点以外に事故を防ぐ場所はなかったのです。
この事故はどうして起きたんだ?という報道番組が放送されますが、当然、常習無免許の悪質性やあるいは通学路に潜在する危険性の検証、が主要内容になってしまいます。ところが、警察、検察の捜査機関では常習無免許の悪質性は当然捜査しますが、捜査のほとんどは運転開始から事故を起こして停止するまでの間で、睡魔が襲ってきた状況が主となっています。
結論まで長くなってしまいました。
このような捜査(調査)ですから、徹底した原因究明を警察に期待して、それを基に同種事故の防止を図ろうとしても、事故を未然に防止することができた地点の特定が居眠り運転を立件する警察捜査の着眼点であり、無理なわけです。
このような捜査側の背景を知った上で報道を見るとまた事故防止に関する違う見方があります。
京都亀岡市の事故での無免許運転と無免許運転ほう助の取り扱いについては次回に説明したいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

またも被害者の無過失事故・千葉

2012年04月27日 · コメント(0) · 未分類

京都府亀岡市でおきた事故をきっかけに、各地の小中学校などでは通学路の危険個所を点検している最中でです。そんな中、今朝の7時30分ころ千葉県館山市大賀の県道で通学のために路線バスを待っていた小学児童(6歳)に軽乗用車が突っ込んだ事故が起きてしまいました。それから数時間もしないうちに、男児の死亡が確認されたという県警館山警察署の発表がありました。
仙台にいる私には原因がわかりません。警察発表では「仕事の事を考えていて、ぼんやりしていた」ということです。現場の道路状況などはたまた5月8日に千葉県出張の仕事がありますので、その時によく計測してこようと思います。
しかし、たしかに全国各地には危険な道路形状というものが存在してますが、それでも道路形状が事故原因だったという交通事故はありません。一日の何百台、何千台という車が同じ道路を走行しているのに、たった1台だけが交通事故を起こすのですからやはり認知・判断・操作という運転行為の繰り返しの中で、運転手に何らかの原因があると言わざるを得ません。車と人が共存する車社会ですから、今運転している人だって、必ず歩行者に立場が転じるものです。全ての道路を歩車完全分離構造にするなど非現実的なことですから、道路を歩行する上での大部分の安全は自動車運転手の安全意識に委ねられて人車の共存が成り立っていることを私たちが運転手の立場になった時に意識づけしなければなりません。
自動車運転手に対する安全教育の場では、運転中全神経を運転行為だけに集中すること、講師の先生が話しをしますが間違いではありませんが、実行不可能な指導の要請でもあります。誰だって考え事をしたり、窓の景色に目を奪われたり、ラジオを操作しながら運転をしているのです。安全教育を担当する講師の方だって、パトカーを運転したって、白バイに乗務したって、様々な考え事をして運転しています。それでも事故を起こさずに目的地に移動ができるのは、その場面、場面で認知・判断・操作を適正に行っているからだと思います。自分の置かれている状況や立場を理解して適切な認知と判断をし、行動に移す、ということは自動車運転時だけではなく、社会人としてのルールだと思います。この社会人としてのルールの欠如が被害者無過失事故の大きい原因です。
実は、千葉県館山市での事故と同じ時間帯に、愛知県でも発生しているのです。愛知県でも通学途中の児童の列に乗用車が突っ込んだという事故です。悲しいですね。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故遺族の思い

2012年04月26日 · コメント(0) · 未分類

京都の少年無免許死亡事故でまた京都府警の不祥事が報道された。事故当日夜に府下警察署長会議終了後の飲酒懇親会で、交通部幹部が飲酒したのは軽率だった、と会見をしたばかりなのに、今度は被害者の携帯番号などの情報を少年の父親に教えていたという不祥事である。交通事故遺族の思いというものが分からないのだろう。怪我をした方の思いが分からないのだろう。府警・警察本部に犯罪被害者対策室などという部署を設けて、室長警視以下5~6名の警部・警部補・巡査部長などを配置させただけで、犯罪被害者の対応を充実させた、と組織的に完全な体制と思い込む程度の薄っぺらな認識の表れである。冗談ではない。交通事故当日に飲酒懇親会を開いたことに対する報道では、「飲酒は捜査指揮に影響を与えていない」と言っているがこれも交通事故遺族の思いを全く理解していないからである。本部長指揮事件であろとも実際に交通事故を処理するのは第一線の現場の警察官であり、交通部長であろうと本部長であろうと飲酒酩酊しても捜査の進捗にはまったく影響しない。では何が非常識であるのか?確かに固有の遺族感情であり理解しがたいことだろうが、当たり所のない絶望の悲しみと必死に向かいあっている時に、重大事故の捜査をしている警察の一部の者が、飲酒に興じていた、という事実が信じ難い出来事なのである。
今回は、亡くなられた方が使用していた携帯電話に被疑者の父から着信があったということである。電話をした父親が悪いのではなく、遺族の気持ちに軽率過ぎる、いや全く理解していない担当警察官の配慮の無さである。被害者のお父さんは、携帯電話は遺品としていつまでもとっておくつもりでいたのに、捨てろということか、と怒りをあらわにしているが、本当にそのとおりである。
柳原三佳さんの著書、遺品あなたを失った代わりに、を読んでみるがいい。何年も捨てられない冷凍餃子、取れこめない洗濯物、たばこの吸い殻、これらが遺族の想いである。愛する人が最後に見た景色をいつまでも大切にしたいと思う気持ち・・・・
遺族の痛みを理解できない者には、人の死を扱う職務を全うできる筈がないしその資格がない。
私が警察という組織を離れようと決意させたのは、
息子の死をただ待つしかできない生き地獄の中にいた時、職場の上司から「明日も年休でいいですか?年休届書いておきますから」という電話を受けたことでした。
自分の職務上の責任を果たすため、いや責任を逃れるためには、他人の心の痛みなど考えずに行動する組織に耐えられなくなりました。
私の心の弱さだったのか、まだ答えはありません。

[続きを読む →]

タグ :

民間交通事故調査会社の必要性

2012年04月26日 · コメント(0) · 未分類

本日、東京地方裁判所で民主党小沢氏に対する政治資金規正法について無罪判決がありました。この事件は、検察官が起訴を見送ったのですが検察審査会議決によって強制起訴となった事件です。検察官は裁判で勝てる自信が無い事件は起訴しません。わかりやすく言えば、負けると分かっている裁判はしない、ということです。これが起訴事件の有罪確定率がほぼ100パーセントに近い数字をだしている理由です。
しかし、交通事故調査活動をしているうちに感じてきたことなのですが、検察官が起訴しないもう一つの理由に、起訴したことによって公開の法廷に出されては困る、都合の悪い証拠や報告書がある場合も、どうも不起訴処分にすることが多いような気がしてなりません。また、交通事故を処罰する自動車運転過失致死傷罪や単純交通違反事件など法定刑に罰金刑もある事件では、略式起訴によって、公開の法廷で審議をすることなく書面上で形式的に有罪判決の裁判官決済を受ける手法が用いられることも多々あります。略式起訴制度を隠れ蓑にすると、矛盾点や解明されていない重要部分について捜査をすることなく、場合によっては都合のいい虚偽文書を作成しても、誰にも気づからずに事件を完結することが可能なのです。
死亡事故や重傷事故、被害者の無過失事故などで被疑者が略式起訴により処分される事件は、より注意が必要です。あるいは被疑者が否認しているのに不起訴処分になったりする場合は、公判維持ができない場合がほとんどで、それは警察の捜査結果が未熟、虚偽等に原因があるものです。
ここに民間交通事故調査会社の存在意義があるわけです。真実に基づいた被疑者の処罰と被害者の救済という当たり前のことが当たり前になるためには、事件事故の処理を捜査機関のみに委ねることは危険だと思います。

[続きを読む →]

タグ :

京都無免許運転交通事故

2012年04月26日 · コメント(0) · 未分類

捜査が進むにつれて、というよりも報道により明らかにされてきたことですが、少年は無免許運転を常習的に繰り返していたということです。無免許運転に失効無免許や停止中無免許などいくつがの態様がありますが、事故を起こした少年は全くの無免許でした。
この場合、少年に乗用車を運転する技能を有していたと認めるか、自己流で覚えたのだから運転技能は無い、と判断するか議論が分かれるところです。市民感情から言えば当然運転技能が無いという判断だと思います。しかし実際にはバイクも乗用車も自分の意思で運転しようと思い、自分の目的とする所へ行けるのですから運転技能は備わっていたと判断できるかもしれません。だだ、運転免許というのは単に運転技能だけを指すのではなく、交通法規のレベルも同時に要求され、一般に禁止されている行為を許可する行為ですから、失効無免許や停止中無免許という形式的な無免許とは性質が全く異なり、根本的な遵法精神が備わっていないわけです。交通事故教育の本質は遵法精神の醸成ですから今回のような悲惨な交通事故を繰り返さないことを真剣に取り組んでいくなら、法令の罰則引き上げとか適用条件の緩和、交通安全施設の充実といったこと以上に、交通安全教育に時間と費用をかけることが重要だと思います。
停止中無免許や失効無免許などは、法制度を十分理解している者の利己主義によって行われる犯罪ですから、これらは罰則を強化し当然かもしれません。この種の無免許運転の態様と京都の少年無免許運転態様は異なった性質であることを理解した報道を期待したいところです。

[続きを読む →]

タグ :

また京都府で重大交通事故発生

2012年04月24日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

またしても、あたりようのない悲惨な交通事故が発生してしまいました。しかもこの前の京都祇園での7人死亡の事故の捜査が終結していないのに、その矢先にこれですから・・・・・別に京都府警が交通事故防止活動をサボっているわけではありません。しかしだからといって有効な交通指導取締りが功を奏しているとも言えません。今回は小学2年生の子供と妊婦さん、妊婦さんのお腹にいた胎児が悲しいことに亡くなってしまいました。残念で、悔しくて、犯人を恨むより、それ以上にこのような不合理な交通事故が連続して発生してしまう交通社会が許せません。
同乗者を無免許運転ほう助で逮捕、これも今回は仕方ないし当然の逮捕権の運用だと思います。確かに逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れ、定まった住居がないなど、刑訴法に定められた要件を厳密に解釈するなら、それは疑問だし捜査官しか具体的処遇は判断できません。被害者感情や社会の評価が任意捜査とした場合、許さないと思います。
ここで我々社会人が注意しなければならないのは、運転手と同乗者を全員逮捕した、という事実で事件の全てが終結したと結論づけてはいけないと思います。逮捕とは捜査の一手段で原因究明の第一段階にすぎません。決して捜査の目的でも終結でもありません。京都府警の交通部のみなさんは大変な重労働を強いられていると思いますが、頑張って欲しいと思います。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。
被害に遭われた多くの方の一日も早い回復をお祈りします。

[続きを読む →]

タグ :

また酒酔い運転警官の報道です

2012年04月23日 · コメント(0) · 未分類

4月20日発表の報道では、今度は茨城県警行方警察署の巡査部長が酒酔い運転で大型貨物自動車に追突し左足骨折の怪我をさせた、という内容です。(事故発生日は平成23年12月2日)
当然巡査部長は懲戒免職処分ですが、他県警で起きている飲酒運転が「他山の石」として生かされていないことがわかります。
指導を徹底して再発防止に努めます、とは懲戒処分になった本人に対する文言で、現職中の警察職員に対する指導でなないように見えます。
懲戒免職にすれば、当然、その警察官は以後、警察組織内での再発はできませんので、確かに再発防止を徹底したことになります。そういう意味なんでしょうか?
これまでどれだけ多くの尊い命の犠牲が無駄に消えるのでしょう。
事故発生から送致まで4ケ月以上かかるなんて、ちょっと遅い気もしますが、今後は刑事処分結果も注意してみます。
なんか、20年以上、その大半を交通警察官として過ごした自分自身の時間が空しいです。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故不申告事件

2012年04月22日 · コメント(0) · 未分類

交通事故の不申告違反とは、交通事故があったのに事故の発生を警察官に届けなかったという違反です。こんなことは運転免許を持っているのですから当然、誰でも知っていることです。特に事故の相手が子供であれば運転手の責任として大人の責任として絶対に怠ってはいけない運転手の義務です。車同士がちょっと接触した事故を起こして、その場で話し合って別れるのとは全然意味が違います。
ところが、大分県公安委員会の委員長が、2歳の子供と接触事故を起こし、自ら病院に搬送してあげたのは理解できますが、その事故発生を警察に届け出をしなかったという交通事故不申告事件が本日報道されていました。公安委員会とは警察を管理するため県知事の所轄の下に置かれている行政委員会です。その組織の長がこのような基本的な義務を怠ると、県知事・公安委員会・県警の関係が「持ちつ持たれつ」「なぁなぁの関係」になってしまい、その機能を失ってしまう恐れが出て来るのです。現実には適正に機能しているかもしれませんが、例えば今回は公安委員会の顔を立てて穏便に処理するので、次回県警の不祥事が発覚した時にも穏便にお願いします、といった不信感がどうしても芽生えてしまうのは人の心情として当然だと思います。
大分県公安委員長は事故不申告について「保険屋さんが通報してくれると思った」というコメントをしていますが、大人の理屈としては通用しないと思います。週明けの23日にも公安委員長の職を辞任する意向を示して幕引きを進めていますが、目的は事案の早期収束で終わらせることではなく、公安委員の職にある者でさえ当然の義務を果たさない教育の低さの是正だと思います。議会の同意を得て知事が任命する公安委員会委員ですので、一個人の責任としてではなく行政全体の問題として考えて欲しいと思います。権力機関を監督する機関ですからこそ厳正に取り組んで欲しいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

パトカー追跡中の乗用車が交通事故

2012年04月21日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

4月21日午前2時50分ころ、大阪市城東区鴨野東の交差点で警察官が不審な男に職務質問をしようとしたところ、乗用車に乗り込んで逃走、パトカーが約2キロ追跡中にタクシーに接触し、はずいで民家の塀に衝突した交通事故を起こしたという報道がありました。職務質問を恐れての逃走ということでしょうが、自業自得、巻き添えを受けたタクシーと民家の住人はいい迷惑です。このような交通事故調査の依頼を受けた場合、当然パトカーの追跡が事故の誘発原因になっていないかを調査しないわけにいきません。
さらに、報道によれば男は事故によって骨盤骨折の重傷を負っていたのに、無免許運転の現行犯で逮捕されたということです。
男の何を見て警察官が不審と認めたのかわからないので、この点について警察官職務執行法に規定する職務質問の要件に該当していたのかなどを言及することはしません。
問題は怪我をした者を現行犯逮捕することが適法かということです。教科書通りの基本に従えば怪我人を現行犯逮捕することはできません。逮捕した警察官が現場で逮捕の必要性を認めたので現行犯逮捕に踏み切ったのでしょうが、身柄の引致を受けた司法警察員は現場の警察官よりも冷静な判断をしたのでしょう。現実に治療を優先させるために釈放しております。(あくまでも報道によればです)これは当然です。本来なら事故現場から即119番通報して救急搬送し治療を優先させるのが基本だと思います。いずれにしても合法合理妥当な適正捜査による適正な処分と救済が行われることを願いたいと思います。当事者の方からご相談があればいつでも相談にのりたいと思います。

[続きを読む →]

タグ :