2012年12月30日のエントリー

警察官の飲酒運転事故

2012年12月30日 · コメント(0) · 未分類

北海道新得警察署交通課の52歳巡査部長が12月29日午前8時15分ころ、ビールなどを飲んで飲酒運転をして自損事故を起こした事実で逮捕されました。報道によると自損事故を速やかに届出をせず事故から40分後に110番通報したため事故不申告の罪名も追加されているようです。
この1年間、私は様々な交通事故被害者遺族のシンポジウム等に参加して多くの有識者や事故関係者と話をする機会がありましたが、飲酒運転事故によってどれだけ多くの被害者が苦しめられているのかよくわかりました。被害者、遺族の怒り、苦しみ、憎しみは国や行政を動かすほどの原動力になっています。その被害者遺族の想いをどれだけの警察官が理解してくれているのか疑問です。警察庁では悪質危険違反の絶無や自転車のマナー向上を国民に訴え取締りを厳しくするとまで言い、強い義務を課そうとしています。ルールを守るのは当然ですからそれはそれでいいと思います。しかし全国の警察官に対しては国民に課した義務以上に強い態度であるべきだと思います。
警察官だからこそ許されないという義務が存在すると思います。
監察官の厳正に処分するというコメントの意味もわかりません。そもそも今更事実関係を調査するなどという道警監察官室は、これまでにどのような対策案を作り徹底させてきたのでしょう。その対策案が失敗なのか、ほかにもう打つ手がないならまだまだこの種の非行事案が続くことを想定しているのか、そう思えてきます。
全国警察組織に限るなら、警察官の飲酒運転は今日からでも永久的に絶無を期すことは本来当然の姿だと思います。

[続きを読む →]

タグ :

交通違反もみ消し疑惑

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

私は白バイ乗務を始め交通指導取締業務に就いていた経歴があり、その経歴を知っている方から時折「同僚とか友人知人の時は交通違反をもみ消したり、見て見ぬふりをするっていうのは本当ですか?」という質問を受けることがあります。基本的にはそのようなことはありません。基本的にとは?簡単に言ってしまえばやってやれないことはないし、その方法だって全く難しいことはありまえん。しかし、もみ消したことが生涯秘密として保たれるかというと、秘密というものは必ずバレルというのが組織人として体得した私の感想で、秘密がバレてしまった時には職を失う厳しい処分があります。だから私の場合は例え友人知人、身内、同僚であっても他人をほんの少しばかり面倒をみてあげたが故に、自分が失職するのではたまりませんので全くもみ消しには耳を傾けませんでした。
さて、12月28日の各社新聞報道では静岡県警袋井警察署の交通指導取締係に勤務する50代男性警部補が、同僚警察官の25キロ超過速度違反をもみ消したとして犯人隠避、証拠隠滅の疑いで書類送検され、停職1か月の懲戒処分を受けた末に同日付けで依願退職したということです。警部補は「同じ署員だったから切符を切らなかった、2か月過ぎても表ざたにならなかったので速度測定記録書をシュレッダーにかけて破棄した。」と動機を語っています。交通違反もみ消しなど簡単にやってやれないこともない行為で現場の警察官次第ということを物語っています。袋井署の事案を事例にすれば、交通違反のもみ消しは疑惑ではなく、現実という結論になります。この事案が発覚した理由は県警監察課に匿名の投書があったことから判明したようですが、私が言う組織内において秘密は破られるということの実態です。
それにしてもみ消してもらった同僚警察官に対しては「自分からもみ消しを依頼した事実はなかった。」つまりもみ消した警部補が勝手にもみ消したという理由で本部長注意で終わりました。警察官の資質として公僕に就く身では許されないと思います。もみ消された事実を一番よく知っているのは同僚警察官本人なのですから、自分から組織構造に関して問題提起すべきだったと思います。結局はもみ消してもらって助かった、よかったという考えでしかなかったのだと思います。
この同僚警察官は今年11月18日に反則金18000円を切符処理を受け反則金も即日納付したという報道もありますが、果たして速度測定記録書が既にシュレッダーにより破棄されて唯一の証拠がないのにどのように速度違反を立証して切符処理したのかも疑問です。本当に違反超過速度が25キロだったのか?30キロ超過ではなかったのか?違反時間はどうやって特定したのか?など極めて曖昧不明です。一見当然のように思いますが、唯一の物証がない状態で違反から約1年経過した後でも切符作成が可能ということになります。報道発表を信用するしかありませんが、このような悪質な案件が切符処理という簡易な方法で落着するのであれば、結局、違反もみ消しも、違反の捏造も物証に基づかずに簡単にできるという結論になります。
報道関係者もことの顛末に関心をもって取材質問をして欲しいと思います。
袋井警察署、以前取り扱った事故で何度か伺ったことがある警察署でした。信頼回復に向けて頑張って欲しいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

自転車の飲酒運転交通事故

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

自転車も道路交通法では軽車両とされ立派に道路交通法の適用を受けることは多くの方も知っていると思います。また大阪府警の管内では自転車の死亡ひき逃げ事故が発生し、その犯人がまだ検挙されていません。私の知人のお母様も自転車に跳ねられて死亡しております。このような中で警察庁では自転車の運転マナーの向上に乗り出してヘルメットの着用義務は原則歩道通行を禁止し車道左側通行の徹底を協力に推し進めると報道しております。
このような警察情勢ですが、先日静岡県に出張した際、交番の前で立番勤務をしている警察官の前を何台もの自転車が通り過ぎて行きましたが、見ていると停止灯を持った警察官は無関心です。さらに広島県警では広島県警監察官室次席の50代男性警視が12月1日午後9時10分ころ東広島市西条岡町の市道で飲酒の上で自転車を運転し、そのあげくに歩行者と衝突する人身事故を起こしていました。飲酒量などは捜査中として公表されていませんが、飲酒場所や飲酒の動機、理由などは捜査の結果を待たないと判明しないこともありますが、飲酒検知結果などは数値の問題だけで実際に飲酒検知を行ったのであれば即答可能なものだと思います。捜査結果をまって厳正に対処するというコメントも報道されていますが、行為者の処分というものは組織全体の再発防止策にならないことに気付いて欲しいと思います。県警幹部の責任ある者が犯した悪質違反を伴う人身事故ということをわきまえて対応してもらいたいと願います。

[続きを読む →]

タグ :

警察捜査に求められる感性

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

12月22日土曜日、東京四谷の司法書士会館で行われた犯罪被害者のシンポジウムに参加してきました。交通事故でわが子を亡くした生命のメッセージ展代表の鈴木共子さんの講演などに続き、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏の講演を拝聴しました。鳥越俊太郎しは1999年10月に発生した桶川女子大生ストーカー殺人事件を取材した経緯から、警察組織内に長年はびこる民事不介入の原則が重大事件の防止を阻害していると述べていました。また現場で活動する警察官の捜査感覚、感性の醸成が必要だという意見でした。私も両方ともそのとおりであると感じます。確かに桶川ストーカー事件以降は署内会議の場で民事不介入の原則は存在しないという認識をもつことと指示され、現場の警察官の意識は徐々に変化していると思います。問題は現場にいる警察官の捜査感覚・感性です。警察は階級社会であることはご存じのとおりです。第一線の事件事故犯罪現場で活動する警察官には鋭い捜査感覚や捜査感性を持っている方がたくさんおります。しかし、その捜査感覚や感性が組織的に反映されない大きな理由が私なりになんとなく感じていることがあります。階級社会では上位階級者こそ研ぎ澄まされた捜査感覚、感性が必要です。上位階級者特に捜査主任官などと言われる職に就いた人が、どうしようもないサラリーマン的警察官や昇任と上司の顔色伺い、問題の先送りによる責任所在の放棄に多くの時間を費やすような場合、現場の捜査感性が組織捜査に反映されないことがお分かりかと思います。これは階級制度の弊害部分です。階級制度には多くのメリットもあるのですが、警察の本来の目的を達成するために欠かせない大切な部分に階級制度の弊害が押し寄せているのです。
鳥越修太郎氏は、上位階級者は捜査の感性は必要ないけれども現場の警察官には捜査感性、直観を養う教育が必要と説いていましたが、組織にいた私の個人的感想では逆だと感じます。機会をつくってそのあたりを鳥越氏に伝えたいと思います。
せっかく優秀な警察組織を作り上げるためにはどのような改革が必要であるかを真剣に考えてくれている方々とはしっかりと意見交換をしていきたいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

徹底した事故解析

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

絶対に許されない司法判断というものが意外と多く出されているのが現実です。多くの被害者が辛い思いをしています。その被害者・遺族の想いを心に受けて徹底して闘おうとする各方面で一流の多くのスタッフが結集して事故解析に乗り出しました。私もそのスタッフの一人として自分の持てる力を精一杯出し切りたいと思います。司法判断は素晴らしい弁護士に任せて、私はその判断を誤らせないように正確な解析調査を行うことに徹することにします。このようなスタップとの出会いは次の依頼に応えるために十分すぎる宝物だと思います。交通事故解析で苦しむ多くの方々に接点がもてるように努力したいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

ひき逃げ交通事故の情報提供をお願いします

2012年12月22日 · コメント(0) · 未分類

佐賀県にお住まいの「未解決ひき逃げ事件」のご遺族が、情報を求めておられます。
どんな小さなことでも結構です、ご協力をお願いいたします。
●事件発生日時/2011年2月25日(金)
        午前3時~3時50分
●事件発生現場/山梨県甲斐市志田 国道20号線上り
(大型ショッピングセンター『ラザウオーク』前)
●事件の概要
午前3時50分、「人が倒れている」というトラック運転手からの通報によって、口と耳から血を流し、うつ伏せに近い状態で倒れている平野隆史さん(24歳)が発見された。すぐに山梨県立中央病院へ救急搬送されたが、2月27日午前7時7分、意識を回復せぬまま息を引き取った。
死因は右側頭部打撲による頭蓋内損傷。骨折箇所は右側に集中しており、下半身に損傷はない。
事故当初は事件、事故、病気などさまざまな状況を視野に入れて捜査されていたが、現在は、現場状況、司法解剖の結果などから、「ひき逃げ事故」と断定されている。
●お母さまからのメッセージ
我が家の三男平野隆史(24歳)は、長崎の大学を卒業後、大手飲料メーカーに就職し、山梨県の工場に配属となり品質管理をしておりました。
23年2月24日夜、会社の送別会に出席。三次会を終えて、25日2時50分頃、同僚の方に自宅アパートまで送ってもらいました。
私たちがどうしても納得できないのが、一時間の空白です。息子の休みは27、28日です。25日は出社の予定で、部屋にはアルコール検知機もありました。
数時間後には仕事に行かなければならないのに、何故一時間も外に居たのか? 捜査上は何のトラブルも出て来なかったので、酔っ払っての事と警察は考えているようですが、最後まで一緒だった同僚の方は「そんなに酔いが深いとは思わなかった」と証言されています。
何の用事も無く、数時間後には出社しなければならない息子が、冷え込む2月の深夜に、外を1時間もうろついていたとはどうしても考えられません。何かあったはずです。
二つ目の疑問はブレーキ痕、破片、塗料などが検出されていないことです。
警察はしゃがみこんでいる所を右側より当てられたと見ているようですが、車との接触での骨折であれば、服や髪の毛などに何らかの痕跡が残らないものでしょうか。
事件や事故、震災など、さまざまな事で大切な家族を失われた方が大勢いらっしゃいます。
大切な家族を奪われた悲しみ、喪失感、怒り、皆同じだと思います。
私たちの場合はその上に、怒りや悲しみをぶつけようにも、事件の詳細も加害者もわからず、苦しみ続けています。草の根をかき分けても犯人を捜したいけれど、佐賀と山梨はあまりにも離れていて何もできず、息子の死から2年が経とうとしている現在も、何の進展もないままいらだちの中で時間だけが過ぎています。私たちは、隆史の存在が、そして事件の事すら忘れ去られていくのが怖いのです。
発生時間が時間だけに、目撃情報はあまり期待出来ませんが、犯人の近くにいる方の情報提供に期待しています。
事件現場は山梨県甲斐市国道20号線上りラザウオークという大型ショッピングセンター前ですが、国道は果てしなく続いています。
犯人は山梨県在住とは限りません。
人をはねブレーキも踏まず通り過ぎていった犯人……。
その犯人の近くにいる方、何か目撃された方、情報をお持ちの方、また、隆史がなぜ1時間も外に居たのか、何か情報をお持ちの方、些細な事でも構いません。犯人逮捕のきっかけになるかもしれません。
情報提供をどうぞよろしくお願いします。
一日も早い犯人逮捕を隆史と共に切に切に願っております。
             
                   隆史の母 平野るり子
★情報は平野さんのメールまでお願いいたします。
hiraruri56@orchid.plala.or.jp

[続きを読む →]

タグ :

誤った速度違反取締り

2012年12月22日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

栃木県警では速度測定装置の設定角度を間違えて4136件の誤測定が発生していたことが報道されていましたが、本日この誤測定で摘発した4136件全員の処分を取り消すことに決定したとうい報道がありました。反則行為(青切符)は反則金を還付して行政処分を取り消せばかまいませんが、問題はやはり非反則行為つまり赤切符の違反です。これは書面上でも検察官によって略式起訴され簡易裁判所の裁判官から罰金刑の有罪判決が受けているのですから罰金さえ返納すれば解決するものではありません。
宇都宮地検は罰金刑が確定した429件について再審請求し無罪求刑をする方針のようです。また栃木県警では免許取り消し処分や免許停止処分にして483人については日数に応じた慰謝料の支払いで補償するようです。その慰謝料の出所がまさか警察官個人というわけがありませんので税金ということでしょうから社会の大きな損失であることは間違いありません。しかし間違った職務執行に対しては素直に謝罪し救済を図るという県警の考え方は正しいと思います。

[続きを読む →]

タグ :

夜間の交通事故実験

2012年12月22日 · コメント(0) · 未分類

12月19日午後9時過ぎ、JR古川駅から夜間の交通事故実験を実施しました。この日、私は午後2時に東京出張から仙台に戻ったのでかなり慌ただしく感じましたが、古川駅で合流した弁護士は東京~島根~東京~古川~仙台という強行スケジュールでこなしてくれました。私は感激しました。これほどまでの事故現場、現実を自分の目で、体で体感し事故形態を体得しようとしてくれる弁護士がいてくれたことがとても嬉しく感じました。裁判というものは書面で審理するもので、事故現場を法廷に運んで審理することはできません。それ故に法廷に立つ弁護士や検察官などは実際に事故現場を体感して欲しいと強く願っていました。その願いを先生はしっかりと理解しておりました。自らスケールをもって計測し運転席に座って見通しを確認し、事故のメカニズムを納得してくれたのです。感謝します。
このような弁護士と繋がりをもつことができて幸せだと思いました。
福岡県の弁護士も率先して実験を取り入れ、明後日からは静岡県の弁護士も実験を取り入れて私の協力を求めてくれています。現場は絶対に強いという流れが法曹関係者の中に浸透してくれば常識はずれの法廷闘争は減っていくと思います。

[続きを読む →]

タグ :

誤った交通指導取締りについて

2012年12月22日 · コメント(0) · 未分類

山口県光警察署の交通課員が、道路の一部区間(2.6km)が最高速度50km/hであるが、規制区間の始点を示す標識を工事業者が撤去していることに気付かず24人に最高速度違反として交通反則切符処理をしていた事実について速度違反を問わないことに決定した。
交通違反の取締りというのは、単に速度が超過していたということを立証するものではなく、取締りを実施する道路や標識の有無など取締り方法そのものが合法的でなければならない。上り車線で取締りをしていたのに、違反場所は下り車線の住所であったり、右で取締りしたのに、左の住所で取締りを実施したことにしたり・・・・このような取締りは方法そのものが違法性を帯びているもので許されるものではない。まして実際にはA警察署管内で取締りを実施していたのに、切符ではB警察署管内での違反として検挙告知し、そのまま略式起訴するなどもってのほかの違法行為である。
今回の山口県警光警察署の事案は取締り警察官の単純な誤りである。しかし、このような誤った取締りは現実に起こり得るものであるから速やかな訂正が求められて当然である。誤りを誤りと認めて訂正している山口県警の対応こそが県民の信頼を得る対応だと思う。誤りに屁理屈にもならない言い訳をして正当化するこれまでの県警の態度に怒りを感じるものだと思う。

[続きを読む →]

タグ :

捜査書類に対する疑念

2012年12月14日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

先日、警視庁大井署刑事組織犯罪対策課の42歳男性警部補と30代女性巡査部長が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検したと報道があった。この虚偽有印公文書作成については私が絶対に許したくない犯罪の一つである。特に警察官が作る司法書類である捜査報告書などは直接人の処罰を求める書類であり、客観的事実に反する記載はいかなる状況であっても絶対に許されてはならない。最近私もこの虚偽公文書作成書類に関わっているが、どうも単純が誤字脱字程度にしか認識していない感じがする。もちろん警察官であっても誤字脱字は当然あるのだが、しかし誤字脱字があって当然と考えているならそれは大きな間違いである。基本は誤字脱字はゼロが当然なのである。まして、物の存在の有無などは誤字脱字というものではなく明らかな故意による虚偽報告である。これらの指摘に対して巨大な警察組織が30人、40人という多勢で、虚偽報告であっても違法性は無いと主張するのであれば、それは捜査書類に対する疑念に留まらず、国民の信頼を失墜させる行為であると思う。
警視庁警務部参事官は、この虚偽公文書作成・同行使事案について「警察に対する国民の信頼を失墜させる行為であり、厳正に処分する」とコメントを発表している。ありきたりのコメントであるが最もである。
組織として虚偽報告書で押し切ろうと判断した者が多数いるなら、その多数全員はより厳しい処罰を受けるべきだと思う。
警察がモノは言いようなどという理論で内部問題を安易に処理してはいけない。今の時代は内部問題を安易に取り繕うことを国民は嫌い、信用を失墜させるのである。間違い、虚偽、違法性が捜査に中にあることが発覚したら、そういう時こそ素直に正しい方向へ修正すべきだと思うし、国民は警察を攻め続けたりはしないと思う。

[続きを読む →]

タグ :