2013年04月28日のエントリー

交通事故捜査結果はどこまで信用できるのか?

2013年04月28日 · コメント(0) · 未分類

大阪府警は4月17日、安倍野署管内で発生したひき逃げ交通事故の捜査について、被害者供述調書の捏造や、浪速署では証拠品の無断廃棄があったとして両署員3名を事件化して書類送致したことを発表した。
被害者供述調書を捏造する必要性などどこにあるのか?と疑問に思うのだが要するに被害者が「相手の運転手は見ていない」と説明しているのに供述調書には「50代の女性が運転しており事故後に運転席から降りてきた」と録取(記載)したというものである。
立派な虚偽公文書作成・同行使罪である。犯人性をより具体的に特定しようとするあまりに書き加えたものであろうが、しかし「見ていないものは見ていない」と事実をありのままに記載するからこそ公文書の公信性が確保されるもので、このような加筆は許されるべきではない。そもそも法律が禁止しているのである。
大阪府警では「捜査に対する信用を失墜させる行為、再発防止に努めた」とコメントしているが供述調書の偽造、無断作成、捏造はこれまでも発生している事案であり、どこに真実があるのか、本当に捜査結果は信用していいのか不安である。
私自信が現在取り扱っている事件でも、警察署長以下が決裁した公文書の中で標識が実際には存在しないのに視認性良好という捜査報告書が図面付きで作成されている実態にある。
交通事故事件の当事者になってしまったら例え公文書であっても一からの確認作業が大切だと思う。

[続きを読む →]

タグ :

飲酒運転の悪質性認識について

2013年04月22日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

4月20日に報道があったのですが、京都府立大に勤務する52歳職員が、「父危篤」の知らせを受け酒気帯び運転をし物損事故を起こしたことについて、「事情を考慮し停職(懲戒処分)にした」ということです。
私はどうしてもこの考え方が理解できません。飲酒運転事故に事情を考慮する必要性があるのかと感じます。そもそも事故という結果の発生が無くても悪質運転です。たまたま今回は事故の相手方も車だったから物損事故で済んだのですが、もし相手が歩行者や自転車なら死傷を伴っていました。
飲酒、無免許運転に考慮すべき事情などあるはずない、と思うのですが・・・・・
実際は・・・・
4月10日、岩手県警発表によると
本年3月1日午後11時15分ころ、盛岡市下厨川の市道で岩手県警察本部勤務の41歳警部補は、酒気帯び運転で法定速度を22キロ上回る82キロで乗用車を運転していたところを覆面パトカーに検挙されていたと発表しました。
この警部補は勤務終了後にビールや日本酒を飲んで帰宅途中ということでしたが、どのような事情を考慮したのかわかりませんが処分は、やはり停職の懲戒処分です。
もちろん警部補はその後に依願退職したのですが、数千万の退職金は支払われることになります。
飲酒運転の悪質性認識については、取締機関である県警自体が公務員の懲戒処分としては停職が妥当と示しているようなものですから、京都府立大職員も教育職という立場であっても、停職が妥当ということになるのでしょう。
この手の違反で公務員が懲戒免職となるか、諭旨免職となるか、あるいは依願退職を勧められるか、確かなある理由が存在すると言われております。
身内に甘い処分、いずれその理由が明らかなる時がくると思います。
その時は「再発防止に努める、県民の信頼回復い努める」というコメントも通用しなくなると思います。
公務員犯罪の処分とは事案の軽重や悪質性の他に基準が存在するのかもしれません。
市民感覚では通用しないものです。残念です。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故調査の基本

2013年04月14日 · コメント(0) · 未分類

交通事故調査の基本はやはり現場の確認と事故を起こした車が現存するならその車の確認だと思います。机上では分からないことも次々に判明することが多いからです。
最近はずっと出張が続き、その合間を見て報告書の作成に追われておりますが現場を確認した調査報告書は内容が濃いです。その報告書を隅々まで目を通し、疑問があれば解明しようとする弁護士の先生方との巡り合いは大きな財産でもあります。
私は22年の捜査官経験の中で、弁護士など法曹三者という方々は書類上でしか事件の把握に努めないものだとばかり思っていたのですが反省しております。何度も現場に足を運び、必死に疑問を解明しようとする先生方もいることは事実です。
そのような弁護士の先生方との出会いも交通事故当事者にとって多いな岐路だと感じます。

[続きを読む →]

タグ :