2013年10月30日のエントリー

交通事故被害者遺族の実情

2013年10月30日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

平成25年10月26日、東京市ヶ谷で一般社団法人交通事故被害者家族ネットワークとNPO法人東京高次脳機能障害協会による集まりがありました。
この模様はインターネットライブ放送で全国同時配信されており、交通事故被害者家族ネットワークのホームページからも視聴することができます。
まず、交通事故弁護士全国ネットワーク代表弁護士古田兼裕氏の「民法改正等による最新の裁判所情報(高次脳機能障害)」と題しての講演のあと、
私は第3部で交通事故、司法問題に長年たずさわっているジャーナリスト柳原三佳氏とデスカッションで参加させていただきました。
「取材活動で知った被害者の実情」と題する柳原氏の演題の中の一つで、愛知県で発生した椋樹立芳事件が取り上げられました。
全くの偶然でしたがその1週間前、椋樹立芳様から私のもとに、椋樹事件発生以来20年をかけて集められた交通事故の文献、資料集など約60冊の
寄贈がありました。
大変感謝しております。
当事務所の一角に「椋樹文庫」のコーナーを設けて
今後の活動に活用していくことにしました。
ところで、交通事故被害者遺族は椋樹様のように
何十年も癒えることのない心の傷と闘いながら毎日を過ごさなければならないのです。
様々な文献を読み、事故の捜査判断、弁護が真実に基づいて行われたのかを自分で確認したいと思うのでしょう。
たまたた私は自分が交通事故捜査官であったため、その判断の読み取り方を詳しく知っています。
私は椋樹文庫の文献と資料を活用しながら、これまで得てきた私自身の交通事件事故処理の財産を
交通事故で苦しむ方のために使いたいと思っています。

[続きを読む →]

タグ :

久々の東北福島での交通事故調査

2013年10月30日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

どういうわけか当社の主な交通事故調査現場は九州、中国、東海、関東が圧倒的に多い。
それが本日10月30日は東北福島県郡山市での調査となった。
ちょうどマイカーのオイル交換で郡山に行く用件もあったので、それに合わせての調査である。
びゅんびゅんと車が走る
あさか野バイパスでのさほど難しくない現場確認だったが
僅かにでも油断すると轢かれてしまうような恐怖を感じた。
当事者いわく、自分では事故をどのように表現したらいいのかが分からない
あれもこれも、全部大切なことで、的確に表現したい
という相談から始まった(相談のいきさつを本ブログに掲載することは当事者の了承済み)
どこで悩んでいたのかわかれば、案外簡単で
あとはどんどん進んでいくだけである。
このブログにいきついた多くの方にも是非わかっていただきたい
一人で悩んでいても前進はない
相談して欲しい。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故現場の初動捜査

2013年10月26日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

現在、神奈川県警所轄警察署が行った交通死亡事故の調査を行っている。
交通事故に限らず、犯罪事件事故現場での初動捜査はとても重要である。交通事故の場合は第一臨場した警察官がどんな初動措置を講じたか、
事故発生直後に行った実況見分などは、時間経過とともに風化、移動などが進み
再現が困難になることから重要になる。
今回の事故調査はその実況見分調書が酷い、杜撰である。
もしかすると衝突地点すら明確に特定されていないのではないだろうか。
ところで初動捜査の要領であるが
なんといっても広範囲な現場保存が第一ではないだろうか。
この現場保存が適正にされていないと
その後に行う実況見分もあてにならない結果になる。
そしてこれらの捜査を行うに当たっては
迅速的確性が求められ、被害者はもとより一般市民の立場に立った捜査を行って、その信頼を得るように心がけるべきである。
それがどうだろう。
杜撰な実況見分調書によって遺族は必要以上に苦しめられている。
これでいいのだろうか?
ご遺族の気持ちを思うと苦しくなってくる。
どうか初動捜査として実況見分を行う警察官は、せめて現場の状況を
写真撮影くらい真面目にやって欲しい。
つくづくそう感じながら書類を作成している。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故調査を断念することも

2013年10月21日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

自動車専用道路での事故。発生は2年前。道路の防音壁の状態を調査したいと思ってましたが
生憎の大雨。
これでは調査は無理です。
仙台からはるばる旅費をかけて静岡県まで来ましたが
焦って調査しても
いい結果はでません。
得られる結果を期待しているわけではありませんが
雨の中ではじっくり観察するという気力が湧きません。
今年の夏は宮崎での猛暑日に調査活動をしましたが
調査活動は条件のいい時に行った方が絶対いいとこれまでの経験から感じています。
来週仕切り直しで再び静岡入りします。
偶然ですが、一緒に交通事故調査の相談も受けることになりました。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故と生活路

2013年10月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月19〜20日はツインメッセ静岡で開催されている交通事故防止フェアに顔を出しながら交通事故調査に取り組む計画です。
交通事故の多くは自宅の近所、本当に人の生活路で発生しています。
事故現場に案内されてみると
まさか、どうしてここで重大事故が発生したんだろう?
そう感じる現場がたくさんあります。
交通事故は特異な場所、特異な人物が起こしているとは限りません。
加害者も被害者も通勤通学途中であったり、買い物途中だったり
日常生活者の行動の中でも発生していることを
私たちは忘れてはいけないと思います。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故捜査活動の思い込み

2013年10月18日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

交通事故が発生すると普通は110番通報や119番通報をして警察と怪我人がいれば救急隊の臨場を要請します。
これは絶対に欠かすことができない手続きです。
さて、交通事故の現場臨場要請を受けた警察官の立場で話を進めてみたいと思います。
普通は、無線指令でどんな交通事故であるかとか怪我人の状態を事前に知ることができます。
事故処理をする警察官が一番最初に交通事故のイメージが付けられる瞬間です。
どんなに理性的な警察官であっても、イメージを打ち消すことはできずいろいろな想定を思い浮かべながら現場に向かいます。
10月16日、島根県警益田警察署管内で発生した多重衝突事故で死亡した女性が、2時間半も車内に放置されていたことが判明しました。
車5台による玉突き事故が発生し、警察と消防は一通りの事故処理と救助活動を終えました。
それから約2時間半後、軽自動車の後部座席に乗っていた74歳女性が、倒れていた後部座席の足元部分に放置されたままになっているところを
発見され、病院に搬送されたが、その後死亡が確認されました。
死亡した女性を発見したのは、亡くなった女性の家族ということです。
益田警察署と益田市消防本部の幹部が遺族のもとを訪れて謝罪しているが
お粗末であったことは否定できません。
このような案件は時々全国で発生しています。
現場に臨場した警察官は、交通事故処理するにあたり直接運転捜査に影響しない
後部座席の状態を確認するという意識は低いのです。
同様に、交通事故で臨場した警察官はよほどのことがないかぎり
事故車のトランクを開けて中を確認するということはしません。
こうして時折、トランクから犯罪物件が後から発見されたり、今回のように後部座席下に倒れていた
被害者に気付かず事故処理が終了してしまう状況が起こるのです。
交通事故捜査に警察官の最初に思い描いたイメージを
事故現場で払拭するには客観的事実に忠実でなければならないのですが
人である以上、なかなか難しいことかもしれません。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故捜査の問題点

2013年10月17日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

先日、交通事故で子供を亡くしたご遺族が担当検察官に事故の内容の説明を求めてきました。その結果を教えてもらいましたが
交通事故の捜査を遂げて処分を決定する検察官が、本当にこれでいいのだろうか?と思う内容がいくつかありました。
例えば、事故を目撃したという後続車の運転手が事故状況を説明しています。
前を走っていた事故車は蛇行運転などしていませんでした。
トラックに追い上げて行ったバイクも蛇行などしていませんでした。
と目撃状況を供述調書で述べています。
ここで検察官のご遺族に対する説明つ次のようなものです。
目撃者はトラックは蛇行していなかったと証言しています。
つまりバイクと接触した原因は
バイクがトラックに寄って行ったと証拠上認められる
というものです。
どうもおかしいではありませんか?
なぜ、一方のトラックに関する証言を聞き入れておきながら、他方、バイクに関する証言は取り入れないのでしょう。
バイクだって蛇行していなかったと証言があるのに、全く根拠も無しに
バイクがトラックに寄って行き接触して転倒した
という結論で遺族を納得させようとしているのです。
外国人のご遺族で、通訳を介してもなかなか内容を把握していないために
ご遺族の疑問をそれ以上発展させない手段として
結論付けようとしているように感じてなりません。
この辺の見解も報告書の中に盛り込もうと思います。

[続きを読む →]

タグ :

茅ヶ崎市での交通事故調査

2013年10月13日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月11日から12日にかけて神奈川県内で交通事故調査を行ない、11時30分過ぎの東海道線で一旦東京に戻った。
仕事の日程が詰まっていて14日までに提出希望の書類作成にとりかかるため、すぐに仙台に戻りたかった。
ところが、新横浜に差し掛かろうとした時 I Phoneに会社事務所からメールが転送されてきた。
茅ヶ崎で30分でもいいから現場で事故の話を聞いて欲しいというものだった。
私は事故調査の帰りであり、スケールやカメラなどの装備は持ち合わせている。
仙台に戻って書類作成のため、あらためて調査日程を調整することにしようと心に決め
メールの連絡先に電話を入れた。
結局はまた東海道線を戻り湘南モノレールに乗り換え
その日のうちに当事者と接触。
内容はよくわかった。
調査着手時期から調整しなおし
取り掛かってみることにした。
出来る限り現地に出向いて調査をしたいと考えているが
丁寧に調査活動に取り組みたいので、一度に多くの事故を引き受けない
というポリシーも崩すわけにはいかない。
ならば、私が休日と睡眠時間を削って対応すればいい。
取り組もう!

[続きを読む →]

タグ :

警察捜査経験の検証

2013年10月12日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

一旦作成された警察官が作成する実況見分調書を打ち消すことはとても困難である。
検察官も裁判官も、一般の方々が疑問視することよりはまだ警察官の方が正しいと信じ切っているからだ。
それは一理ある。
実際、交通事故鑑定歴が20年以上のベテランと豪語している鑑定人が作成した交通事故鑑定書を目にしたことがあるが、全く稚拙で、少なくても現場の警察官は鑑定人以上に詳しく現象を見ている。
これは私自身が交通警察官として被疑者、被害者を取調べ、現場を確認し車両を調べ、検察官と打合せを繰り返し、自らご遺体に触れて検視をし、解剖に立会い法医学者の所見を聞いてきた経験から言えることである。
保険会社のアジャスターで何千件事故調査に従事しようが、彼らには総合的な事故解析など絶対にできない。
そのため実にいい加減で的外れな部分から実況見分を否定しているのである。
ほとんど例外なく的外れな捜査批判をしている。
私は自分が培ってきた知識と経験を
今はもう警察組織のために利用する意味がない。
全ては交通事故当事者となって、対警察、対保険会社との間で悩み苦しんでいる方々のために
力になりたいと思っている。
警察捜査経験で当事者のために事故の検証を行っている。
私のポリシーである。

[続きを読む →]

タグ :

高速道路での交通事故

2013年10月10日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月5日午後4時50分ころ、山口県東厚保町の中国自動車道下り線で、桜塚やっくん(本名・斉藤恭負央さん、37歳)が運転するワゴン車が中央分離帯のガードレールに衝突した。
ワゴン車は追い越し車線に止まったが、マネージャーの砂守孝多郎さん(55歳)が車外に出て警察に通報していた際に後続のトラックに跳ねられて死亡した。その後、桜塚やっくんも路上に降りて
後続車を止めようとしたが乗用車に撥ねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
典型的な高速道路での二次災害である。
高速道路で交通事故が発生したら
・自分の身の安全を確保すること
・後続車による二次災害を防ぐこと
が基本だ。
どちらが大切とか、どちらを先にすべきというものではない。
この手順をマニュアル化することも困難である。
発煙筒と停止教示版を有効に活用して可能な限り安全を確保しなければならない。
ポイントとして、事故が発生したら
車の中で待機していることは危険で、通行車両に注意しながらガードレールの外側など安全ば場所を見つけて避難すること
発煙筒や停止表示板は事故車の直近に置いては無意味です。少なくても事故車から40~50m後方に置くこと
だと思う。
そして、走行している車を生身の人間が思い通りの方向に進路変更させたり、誘導させたり、停止させたりすることは
とても難しいことであることを認識することである。
多くの運転手も一般道路と同じ感覚で高速道路の車線上に人が立つことは極めて危険であることを再認識すべきである。
砂守孝多郎さんと桜塚やっくん(斉藤恭央さん)のご冥福をお祈りいたします。

[続きを読む →]

タグ :