2014年03月23日のエントリー

高速道路での交通事故・二次被害防止策

2014年03月23日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

また、高速道路で起きた交通事故に関連し、二次被害事故で幼い命が亡くなりました。本当に悲しい出来事です。
3月21日午後10時5分ころ、静岡県静岡市駿河区大谷の東名高速道路下り線で、単独事故で車道に停車していた乗用車に
後方から走行してきた大型トラックが追突する事故が発生しました。
この事故で高速道路上に停止していた乗用車に乗車していた小学2年生の女子8歳が、車外に放出され死亡しました。
現場の道路は片側2車線の右カーブとなっており、乗用車は左側車線のガードレールに衝突する単独事故を起こし車道に停止してた。
高速道路上で車が故障したり、事故で動けなくなったらどうすればいいのか?
必ずマニュアルで決められた通りにすることが最善策ではありません。時と場合で最善策は異なると思います。
しかし、事故が起きて車が本線車道上に止まり、身動きができなくなったら
もし、小さなお子さんや、高齢の方が乗車していたなら、それらの弱者は無条件に
安全を確認してい車から速やかに降車し、ガードレールの外側に出て待機すべきです。
もちろん、ガードレールの外まで道路を横断することは極めて危険ですが、車内に留まっている危険性と比べたら
車の通行状態をよく確認して、一気に渡りきってしまう方が遥かに安全だと、私は思います。
もしかしたら、場所によっては中央分離帯に退避した方がいい場合もあります。
このまま車に乗っていて大丈夫かな?
車が動かないけどどうしよう?
と考え悩む時間を作る必要などありません。とにかく一刻も早く
身の安全を守る最善の方法を迷わず実行することが大切だと思います。

[続きを読む →]

タグ :

宮城県警察官の飲酒運転

2014年03月23日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

3月に入って警察官の飲酒運転が多発しているようです。とても残念です。
3月17日の報道では、私の古巣、宮城県警察の警察官による飲酒運転事件が報道されました。
元いた職場の不祥事はどうしても気になってしまいます。
仙台東警察署に勤務する54歳の巡査部長は、2月18日午後9時ごろまで自宅で日本酒を飲み、翌朝2月19日午前6時
車を運転して仙台東警察署に出勤したところ、酒の臭いがすることに同僚が気付き、その場でアルコール検査が行われました。
巡査部長の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたため、警察では任意に捜査をすすめ、3月17日、巡査部長を
酒気帯び運転の道路交通法違反で書類送検し、巡査部長を低速6か月の懲戒処分にしましした。
もちろん巡査部長は同日付けで依願退職しております。
巡査部長は調べに対し、朝出勤する時、酒が残っていると感じていたがばれなければ大丈夫だと思ったと話しております。
いわゆる二日酔いいよる飲酒運転です。
二日酔い飲酒運転については2月27日のコラムでも取り上げておりますので、関心ある方はそちらもお読みください。
この事件を受けて宮城県警では、県内24警察署と警察本部の各課に、飲酒運転をしないよう文書で通知したということです。
何を今さらと、とても幼稚に感じる飲酒運転防止策ですが、もう有効な防止策がなく本当に打つ手がなくて苦労している県警幹部の様子がわかります。
このような状況ですから、これからの歓送迎会時期、まだまだ警察官の飲酒運転は続きます。
私が現職中に照らして、このような不祥事があった場合、少なくても仙台東警察署は歓送迎会は自粛の方向で署長通達が出ていると思います。

[続きを読む →]

タグ :

警察官の飲酒運転交通事故

2014年03月22日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

3月は仕事に追われてなかなかブログの更新ができずにいます。
今日は取り組んでいる仕事が一段落したので久々に更新したいと思います。
私は交通事故調査の仕事がメインですが、どうしても元警察官であったため、警察官の不祥事ニュースに関心がいってしまいます。
1件目は3月16日発表の警察官飲酒運転のニュースです。
北海道帯広署は同署地域課勤務の警部補を酒気帯び運転の道路交通法違反で逮捕しました。
逮捕容疑は、3月15日午後8時55分ころ、自宅で午後4時ころから午後8ころまで焼酎の水割りなどを飲んだあと、自家用車を運転して入浴施設に向かう途中
交差点を右折する際に、直進してきた対向車と衝突する交通事故を起こしました。
このようなニュースは本当に残念です。
飲酒運転防止は最終的には個人の自覚以外に防止策はないと思います。
法令や内部規則をどれほど厳格にしても、最終的には個人の自覚に頼らざるを得ません。
道警監察官は「飲酒運転の根絶に取り組んでいる中で職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調査し、厳正に対処する」というコメントを残しています。
もう、つまらあない言い訳などできる状況にないことがわかります。

[続きを読む →]

タグ :

警察の捜査・第一次捜査権

2014年03月15日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

警察官は事件事故が発生すると真っ先に現場に急行し、初動捜査から犯人を検挙し事件を検察庁に送致するまでの初期捜査を担っている。そのため警察の捜査は第一次捜査権と呼ばれている。
そして犯罪事件現場の処理については第一次捜査権を有する警察に全ての裁量権が委ねられている。
これは警察が犯罪事件事故を選べることも意味する。
交通事故は日々発生し、必ず処理しなければならず普通は処理する交通事故を選べない。全件を処理するのが当然だからだ。
しかし、刑事課や生活安全課、警備公安課などはこれから着手する事件を選ぶことができる。同様の事件が重なった場合、より話題性、社会性のある事件を選んで捜査を開始することができる。
では、交通事故、交通違反では全く事件を選べないかというとそうでもない。事件を立件するかどうかも現場の警察官のさじ加減ひとつで決めることができる。
もちろんそれが発覚した時は相応の処分を覚悟してのことであるが。
愛知県警では飲酒運転違反者を見逃した巡査部長が書類送検されたという不祥事が起きた。
愛知県警中村署交通課の男性巡査部長は、2013年7月7日未明、中村区の男性会社員が起こした物損事故で、現場の警察官から飲酒運転の疑いがあると報告を受けていたのに出動せず、同月9日に事故を起こした会社員に「処分はない」と
連絡した。さらに同園8月17日に起きた交通事故でも、現場の警察官に「飲酒検知の必要はない」と指示し、適切な捜査を怠り犯人を隠避した。
男性巡査部長は「飲酒運転で会社をクビになるとかわいそうだと思い処分しなかった」と弁解をしている。
このような事例にみるように、第一次捜査権を有する警察官に事件の裁量権を委ねているため、個々の犯罪立件を選択することが
容易にできるのである。これはほとんど全ての交通違反に可能である。
交通事故捜査係を担当した私の経験をもとにすると、この中村警察署交通課の巡査部長、会社員に同情して違反を見逃したというよりも
単純物損事故をより手間暇のかかる飲酒運転事故として事件捜査するのが単に億劫だっただけのような気がする。
比較的現場ではありがちはことだと思う。
飲酒運転を見逃したところで、誰も損をする人はいない。
さらに愛知県警の報道発表を聞き驚いたのは、県警は捜査をやり直し、会社員2人を道路交通法違反(酒気帯び運転)の事実で書類送検(検察庁に事件として書類を送ること)したということである。
事故当時の飲酒検知が行われていないのに、2013年7月と8月の2事件を2014年3月に酒気帯び運転で事件送致するなどできるはずがない。
普通に考えれば検察庁が飲酒検知結果を示す「酒酔い・酒気帯び鑑識カード」の証拠書類が無い飲酒運転事件を受け付けることはない。
はじめから不起訴(犯罪のあらず)の前提で事件送致するのでしょうが、それにしても事件化できないと分かっていてでも送致するのだから
本当に第一次捜査権の裁量権の全てを委ねられていることがわかる。
そして裁量権の全てが委ねられると、必ずそこには捜査員の恣意的判断が入るのである。

[続きを読む →]

タグ :

交通警察官の飲酒運転

2014年03月15日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

3月に入ってから激務が続いていたが、その間にも特筆すべき事件が起きていたようです。
これまでにも度々取り上げている警察官による飲酒運転ですが、3月7日、京都府警宮澤署の交通課巡査部長が交通課の送別会で飲酒した後自家用車を運転して物損事故を起こしそのまま逃走した事実で
道路交通法違反(酒気帯び運転・事故不申告)の事実で逮捕した報道がありました。
巡査部長は3月7日午後10時25分ころ、酒気帯び状態で京都府宮澤市の府道で軽自動車を運転中、北近畿タンゴ鉄道の踏切に衝突、そのまま車を放置して逃げたということです。
飲酒運転をした理由は、3月7日は交通課長ら交通課の同僚4人と午後10時ころまで酒を飲み、徒歩で一旦帰宅。ところが飲み会の幹事だったが支払いを忘れたことに気付き、官舎から自家用車を運転し支払をしに行く途中だった」と弁解しているようです。
よく理解できない理由ですが、きっとそうなのでしょう。
それにしても、警察官。しかも交通課の警察官で、一緒に飲酒したのも交通課の責任者にあたる交通課長と同課の課員ですから
すっかり交通警察活動が侮辱された感じです。
京都府といえばまだまだ記憶の新しい京都亀岡の交通事故、祇園の交通事故など近年まれにみる悪質極まりない交通事故が起きたばかりで
ご遺族の悲しみもまだまだ癒されいないというのに、どうしてこうも国民を裏切る行為になってしまうのでしょう。
やはり、警察官個々の、いやもしかしたら警察全体の不祥事に対する捉え方に問題があるような気がします。
私が現職中にも当然全国都道府県で飲酒運転や破廉恥罪など様々な警察不祥事件が起きていました。
すると形式的には「他山の石」として教訓とし事故防止に努めましょうという小会議が行われていました。
しかし実質的には「それはそれ、これはこれ」という感覚です。つまり「不祥事は不祥事として処分され、自分たちは通常勤務を粛々とこなすのみ」という考え方です。
もちろんそうしなければ、不祥事が起きる度に他の警察官まで通常勤務が滞ってしまうのでやむをえません。
そこに他山の石として反省教訓が育たない原因があると思います。
どこの都道府県でどんな不祥事がどれほど発生しても、警察官個々の職務執行権限が奪われるわけでもなく、給料が減額されるものでもありません。
するとすべては他人事になってしまうのです。
安定した身分が保障された職種の弊害なのでしょう。
弊害として様々な不祥事が発生しているから、必ず近い将来、また警察官の飲酒運転は発生します。
残念でなりません。

[続きを読む →]

タグ :