2014年04月20日のエントリー

交通事故調査の成果

2014年04月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

当社はまだ設立から日が浅く若い会社で目に見える数の成果は表れていない。しかし少しづつだがようやく各地で成果が出始めてきているようだ。(もちろん全てが成功しているわけではない)
新聞は神奈川県で発生した自動車と歩行者の交通死亡事故で私が取り扱った事件の記事である。
私は真っ向から実況見分を否定したが、やみくもにただ否定したわけではない。
100%私の調査、鑑定結果が反映されているものでもない。
調査結論の不備を指摘されることも当然ある。
しかし私は警察官として培ってきた経験と捜査手法から調査結論を導いており、自分の思い込み持論を展開しているわけではないため、訴訟法上重要な問題提起をすることができると考えている。
それが新聞報道のように画期的な素晴らしい例となっていると感じる。
もちろん弁護士をはじめ多くの方の力が結集したからこそできたことである。
刑事であれ民事であれ実況見分調書がスタートラインと考えている弁護士がまだまだたくさんいるが、そういった先生方は少しだけ視点を変えてみて欲しいと真剣に感じる。

[続きを読む →]

タグ :

専門家の経験による調査、鑑定

2014年04月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

出張先から事務所に戻ると注文していた本が届いていた。日本の犯罪史上稀に見る重要事件の多くで法医解剖、DNA型鑑定、薬毒物分析、遺体検案を行ってきて、今なお現役で活躍しておられる押田茂實先生の著書「法医学現場の真相」(祥伝社新書)。
私は検死、解剖としてご遺体の見分捜査手法は分かるが、法医学のような専門知識などあるはずもない。私が押田先生から学んだのは愚直に一切の妥協を許さない法医学者としての鑑定姿勢である。当然であるが法医学者としての先生は厳しい。それでいて医学無知の私にも解るように説明してくれる。
私の調査報告書は先生との出会いがあってから大きく構成が変わった。私なりに交通事故調査、鑑定の専門家としてのスタンスが明確になったと思う。

写真は一昨年、炎天下の九州で私と弁護士が行った交通事故調査の過程で押田先生の協力をいただいた後の懇親会。こんなに優しい大学名誉教授にこれまでお目にかかったことはない。
どうやらまた先生のご意見を伺うことになりそうだ。緊張する。

この時の現場は様々な出来事があった。
きわめつけは関空でTRANSIT CARDを渡される状況になった。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故被害者遺族の問題

2014年04月01日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

3月31日、年度末の忙しい時期でしたが衆参両議員会館を何度か行き来して、平沢勝栄衆議院議員、清水貴之参議院議員、清水鴻一郎衆議院議員、東徹参議院議員、西野弘一衆議院議員、糸数慶子参議院議員と党利党派を超えて交通事故捜査や処分結果について
交通事故被害者遺族が今現在直面している問題点を具体的に掘り下げて話し合いする機会に恵まれました。各議員はそれぞれの地域社会が抱えている多くの事例への取り組みに照らして真剣に問題解決策を考えておられました。

確かに県警が行う事件事故処理に感謝している被害者も沢山いるし、警察の活動に深い理解を示している協力者も沢山います。
でも交通事故捜査に限ってみると、被害者、遺族、時には被疑者までも
極めて強い不信感、場合によっては敵意を抱いている方も大勢いる現実があります。
もう無条件に警察の捜査結果を信用しろ、という考えいは通用しないほど不信感は高まっています。
やみくもに不信感を抱いているのではありません。
合理的理由を示した上での説明。これは交通事故当事者であれば被疑者、被害者ともに望むことだと思います。
本日の話し合いでも、その方向性に間違いはないと感じました。
少しづつ被害者遺族を取り巻く社会は変えられると思いました。
常々連絡を密にしている先生方から「刑事司法は被害者のためにもある。」という言葉を教えてもらいましたが、まさにその通り、的を得たことばだと思います。
折しも納得いかない実況見分調書を基本にして、民事を闘おうとしているご遺族と弁護士に接し
一日でも早く、被害者遺族が直面する問題と警察の初期捜査の温度差が縮まることを願って議員会館を後にしました。

[続きを読む →]

タグ :