2015年01月17日のエントリー

警察官の当て逃げ交通事故

2015年01月17日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

大阪府警南警察署の巡査長が、バイクで接触事故を起こし、さらに赤信号無視をして別の車に衝突した道路交通法違反の容疑で書類送検された。
巡査長は昨年12月8日、西淀川区でバイクを運転中に転倒して軽乗用車に接触する事故を起こした。
しかし、巡査長は事故後に赤信号無視をして逃走を図り、別の乗用車に衝突する交通事故も起こしたものである。
報道発表によれば、巡査長は「別の警察署に向かう途中だった」と供述しているようだ。
また、逃走の理由は「上司に叱られたくなくて逃走した」ということである。
つまり、公務中?ということだろう。
制服を着た現職の警察官が公務中に事故を起こし逃走する。
警察官という職業、身分故に
保身のために様々な証拠隠滅工作、逃走は発生しやすい職場である。
大阪府警監察室長は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしている。
県警が発表する「指導を徹底し、再発防止に努める」とは
不祥事を起こした警察官個人に指導を徹底して、二度と同じ過ちを犯さないようにすることを再発防止と言っているようなものです。
つまり、不祥事を犯した警察官本人は辞職や免職になっており、その意味では二度と同じ過ちを犯す機会が無いため、
再発防止は達成されている。
現職にある警察官に対しては「飲酒運転の絶無について」とか「非行事案の絶無について」などという通達を出して、
指導したという実績を残すにとどまっているの現状である。
飲酒、当て逃げ、ひき逃げに許される理由などない。
制服を着た警察官が公務中に

[続きを読む →]

タグ :

警察官の酒気帯び運転

2015年01月17日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

警視庁池袋警察署刑事課の警部補警察官が、昨年11月25日、埼玉県飯能市で酒気帯び運転で検挙されていたことを発表した。
警部補は、勤務終了後に飲酒した後、自宅近くの駅からミニバイクを運転して帰宅途中、交通違反を犯して埼玉県警のパトカーに追跡され検挙された。
その際、警部補の呼気から基準値を超えるアルコールが検知されたものである。
この件に関して警視庁は「警察官としてあるまじき行為で再発防止に努める」とコメントをしている。
なぜこれほど、警察官の飲酒運転が横行するのだろう。
本当に疑問である。
警視庁としてのコメントも、もうそれ以外に弁解する言葉も見つからないのだろうが、それにしても
どのような再発防止策があるのかわからないがもう、当然起こるものとして諦めが感じられる。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故と逮捕・勾留

2015年01月02日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

警察が逮捕した被疑者の身柄の拘束を継続するように求める検察の「勾留請求」を全国の裁判所が認めないケースが平成26年は、前年(平成25年)で1790件あり、10年前のおよそ5倍に増えたこととが日弁連のまとめでわかったというニュースがあった。
交通事故の逮捕と勾留については、当社ホームページのトップページ動画でわかりやすく説明しているのでそちらを参考にして欲しい。
勾留請求は検察官が裁判官に対して行うものであるが、警察としては一般的には「勾留の必要性について」という捜査報告書を作成して、検察官に対して警察としても逮捕した被疑者の身柄を継続して取り調べる必要があるということを報告している。
この勾留の必要性は刑事訴訟法によって厳格に定められている。
具体的には逮捕されている被疑者が
① 住居不定の場合
② 罪証隠滅のおそれがある場合
③ 逃亡のおそれがある場合
の3要件のどれかに該当していなければならない。
ひき逃げ犯人や、殺人、強盗、強姦、窃盗、詐欺など実際に逃走している被疑者を逮捕した場合であるなら、その後も十分逃走のおそれがある場合に該当するため裁判所としても勾留を認めるのが殆どのようである。
また、罪証隠滅のおそれというと実務上は物証のみならず供述証拠も含んでいる。俗にいう口裏合わせ工作なども立派な罪証隠滅のおそれと判断される。
また、逮捕事実となっている捜査結果について事実認定に際し「否認」や「黙秘」などしている被疑者の供述態度も罪証隠滅の恐れと許容されており、これが広く用いられている。
一般的な交通事故の場合は、被害の軽重にかかわらず被疑者が交通事故の事実を認めており、実況見分にも立ち合い、警察としても証拠保全が完了していれば勾留の要件を満たさないため
勾留請求をしない場合が殆どである。
それでは勾留しなければどうなるのか?
警察では被疑者を逮捕してから48時間以内に釈放して任意捜査として在宅で捜査を継続し、捜査が終結した段階で全ての書類を検察庁に送致するのである。
なにはともあれ、何をしてもこれほど自由な日本において身柄の拘束は重要な問題である。
捜査機関の勾留請求を却下する件数が5倍も増えているのは、裁判所も勾留の具体的な必要性の判断を厳密に3つの要件に絞って
判断するようになって来ているのだと思う。

[続きを読む →]

タグ :

2015年も交通事故調査・鑑定に全力で取り組みます

2015年01月01日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

あけましておめでとうございます。
昨年中は、多くの方々との出会いがあり皆様には大変お世話になりました。
本年も交通事故調査、交通事故鑑定、検証に全力で取り組みたいと思います。
特に本年の目標はコンピュータシュミレーションを正しく、愚直なまでに厳正に操作することによって
これまでのシュミレーションによる交通事故鑑定の問題点を浮き彫りにしていきたいと考えています。
交通事故で苦しむ方々にとって何かしらのお力になることが当社の使命と考えております。
本年もよろしくお願い申し上げます。
2015年 元旦

[続きを読む →]

タグ :