2015年02月20日のエントリー

交通事故防止活動・東京都トラック協会

2015年02月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

2月19日午後1時30分から、東京都メルパルク芝公園で開催された東京都トラック協会平成26年度第19回事故防止大会で、佐々木尋貴が業界外パネリストとして登壇した。
芝浦工業大学医学博士春日伸予教授のコーディネートのもと、東京五輪を視野に入れた私たちが取り組むべき交通安全活動について話し合った。
東京都トラック協会城東支部、江戸川支部、足立支部、青年部がそれぞれ取り組んで切る交通事故防止活動の紹介があった。
驚くほど緻密に事故防止活動に取組み地域社会に根差した安全対策を講じている実態に感嘆した。

運輸業は日本の経済を支えている根幹業界であり、彼らが真剣に事故防止活動に取り組む意義は大変大きい。
マンネリ化してきている事故防止大会に新たな方向性を示し、活性化した真に実のある事故防止大会を目指す姿にも将来性を感じた大会であった。

控室では春日先生とこれからの交通教育の在り方について意見を交換し合う機会にも恵まれ、この日得たものはどこかで還元していきたいと思う。
これほど意義のある大会が行われているのに多くの都民、市民には情報として伝わってこない。
当社としてできるだけの努力はしていきたいと思う。
準備をしてくださった運輸安全委員会副委員長ほか関係者皆様に感謝申し上げます。

[続きを読む →]

タグ :

交通事故・労災事故・自然災害~遺された者から見える命

2015年02月18日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

2月18日午後1時30分から午後5時まで石巻市河北町ビックバン文化交流会館で「小船越地区工事安全協議会安全大会」が行われ講演を行った。
式典では先に石巻労働基準監督署署長と株式会社石巻日々新聞常務取締役の講演があった。
私は石巻警察署に5年勤務した。その間ありとあらゆる事件を経験した実感がある。石巻警察署時代に犯罪事件事故処理、捜査本部事件の特性、本部長指揮事件、警察署長指揮事件の捜査手法を体得し、それが現在に役立っている。
石巻労基署長(斉藤俊一氏)は、労災事故の防止策として①不安全行動を黙認してなならない、②ルール違反にも5段階がある(ア、ルールを知らない イ、ルールを理解できない ウ、ルールを納得しない エ、みんなが守っていない オ、守らなくても注意されない)、③被災者はルール違反をした本人とは限らない、④違反行動はヒューマンエラーかもしれない、⑤被害は本人が考えているようりずっと深刻とういう話しをされた。
労災事故と交通事故は長年かかわりを持ってきた案件ゆえに大変興味を持って聞くことができた。

石巻日々新聞常務取締役(武内宏之氏)は、震災後、メディア側で被災した方のご遺族を取材してきた経過を話された。
お二方とも、ご遺族がどれほどの修羅場に立たされているかを伝えていた。
労基署長という監督省庁の立場でありながら、被害者、遺族、命の大切さ真剣に訴える姿に感銘した。
そう、これまで私が聞いてきた役人の説明は、一般的に労災事故を起こさないようにしましょう、安全管理をしっかりやりましょうという事業所向けの説明ばかりであった。
それが今日の講演では、ほんの一文でも「私が見てきたご遺族の修羅場は大変なものである。命は大切である。」という立場から労災事故を無くそうという説明していた。
また、石巻日々新聞常務取締役の話の中には「震災によって残された者に対する大きな課題が生まれた」という話しもあった。
予期せぬ事態で愛する者の命が消えた時、遺された者に対する課題はまだまだ発展途上である。

[続きを読む →]

タグ :

わき見運転の危険性

2015年02月13日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

脇見運転は運転手の誰もが経験しています。
景色・風景を眺めて運転した経験など心当たりがあると思います。
一般に運転操作中に他の作業を行うために脇見する時間は2秒から3秒要します。
予め取り出していた携帯電話に出るためなら約1.5秒程度で画面は開けるでしょう。でもバックに入れていたらどうでしょう?
バックから取り出すために注意力が散漫し、スマホでは取り出してから暗証番号入力や指紋認証など、車の運転に必要な注意力をそれらの作業に分散させなければなりません。
脇見運転は著しく前方左右に対する注意力がおろそかになる行為です。
40km/hで走行している時、3秒間脇見状態になると車は約33mも進んでしまいます。
交通事故を起こした運転手に話を聞くと、急に人が車の前に現れたとか、急に前の車が停止したという言い訳を聞きます。
人が天から降ってくるわけではなく、地から湧いてきたわけではありません。
前方を走行していた車が急に止まれるわけがありません。
そのように運転手が感じるのは、脇見によって目の前に人が現れるまでの過程を見落としているからです。
前を走行している車が徐々に減速していく過程を見落としているからです。
私のこれまでの経験で比較的多い脇見の具体的事例を
2月13日放送のテレビ朝日モーニングバードで説明したました。
新たに禁止規定の法律ができた携帯電話操作だけが危険な脇見運転の原因という風潮になってはいけないと思います。

[続きを読む →]

タグ :

通学途中の死亡事故

2015年02月12日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

お昼のニュースを見ていた。
2月12日朝、鹿児島県いちき串木野市の市道で通学途中の児童生徒2人が軽自動車に跳ねられ、1名が死亡、1名が重体という事故のようだ。
テレビの画面を見る限り、立派な横断歩道上での事故である。児童生徒には何の落ち度もない。
交通弱者を保護するのは運転手の責任である。
例外はない。
それぞれの立場で亡くなられた方の命をじっくり考えてほしい。
私たちが経験してきた小学校の卒業式もない。中学の部活もない。笑があり、悔しく悲しさに涙した時間がすべて奪われてしまう。
ご両親の夢や希望も奪われる。
それが他人事で可哀そうで終わらせないで欲しい。
想像をはるかに超える痛みが、いつも自分の身の回りで起きていることを忘れてはいけない。
私たちは無条件に自分と他人の命を守らなければいけない。
怪我をなされたお子様の一日も早い回復と、亡くなられたお子様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

[続きを読む →]

タグ :