2015年10月31日のエントリー

交通死亡事故発生件数の過少発表、千葉県警

2015年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月30日、千葉県警で交通死亡事故の発生件数を実際よりも過少発表していた問題が発覚した。
何故そんなことをするのか?
過少発表する具対的メリットは何か?
テレビ朝日「報道ステーション」の取材に応えた。

言うまでもなく警察の存在意義はやはり発生した犯罪の犯人検挙である。
しかしその一方では犯罪を未然に防止する職責がある。
交通警察部門の活動重点最大目的は交通事故の防止、とりわけ国の政策として実施されている死亡事故の防止である。
この死亡事故抑止活動実態のバロメーターが、死亡事故発生件数の数値化されたデータである。
全国都道府県の死亡事故発生件数を統計化したとき、死亡事故発生件数が他よりも多かったり、毎年発生件数が上位にあると、評価として(評価する人が誰であるかはさておき)、そこの都道府県警察せは適切な交通死亡事故抑止活動の取り組みがされていないとされる。
やはり評価を受ける側とすれば少しでもいい評価を得たい。
我が県警では効果的な取締り、啓発活動を推進した結果、実際に死亡事故を減少させているのだと訴えたい。
警察活動の多くは数値化できないもの、数値化した統計値が馴染まない分野が実は大変多い。
それをあたかも治安のバロメーターとして警察活動を評価する考え方が生まれこんな事件に発展するのである。
まだまだ出てくる案件である。

[続きを読む →]

タグ :

宮崎駅前の歩道暴走事故

2015年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月28日、宮崎県JR宮崎駅前で73歳男性が運転する軽自動車が歩道を暴走し、女性2名が死亡、男女4名が重軽傷を負う極めて異常な暴走事故が発生した。
10月29日、この事件について当社佐々木がTBSテレビ「ひるおび」で解説した。

佐々木の基本的考えは、人は間違いを犯す、だから間違って歩道に進入することは想定される。しかし間違いに気付いたら止まって修正するのが人である。
73歳男性は大通りの車道から歩道に誤って進入したら、明らかに周辺の交通環境の違いを認識し間違いに気付いたはずで、最初に停止する機会があった。
しかし彼は運転を継続する。
何故?
最初の疑問である。

歩道を走行中に人に衝突し自転車を巻き込む事故を起こした時にも止まる機会があった。
その衝撃に普通は止まる。
しかし彼は運転を継続する。
何故?
ここでも疑問が湧く。
歩道の所々にある車止めをかわして、歩道の左側を運転している。
その間の歩道走行中、ブレーキランプが点灯する映像も残されており、アクセルとブレーキを踏み分けハンドルを調整して運転操作をしている。
実際、途中で停止もしている。
なのに何故、運転を再開させたのか?
約700mも歩道を運転しているのに何故、最後は歩道右側のコンクリートベンチに衝突し車を暴走させる状態になったのか?
たくさんの疑問がある。
車の運転とは、認知、判断、操作の繰り返しと言われる。
男性の運転は歩道と車道の交通環境を認知する能力が欠け、危険を判断する能力にも欠け、ブレーキをかけ停止する適切な運転操作もできない状態に陥っている。
時代の変化の中で超高齢化社会が進み、従来は徒歩で徘徊し歩き回っていた認知症患者が、車での徘徊に変わってくるとその危険性は自己の生命の危険に加え、多数の生命の安全を脅かす凶器に変貌する。
社会全体で考えることである。
他方、歩道、横断歩道は歩行者の絶対安全が無条件に確保されなければいけない場所である。
道路整備のハード面で物理的に車両の進入を阻止して歩行者の絶対安全を確保し、歩車分離信号など構造的に安全を確保する取り組みは喫緊の課題だと思う。
お亡くなりになられた方のご冥福とお怪我をなされた方の1日も早い快復をお祈りいたします。

[続きを読む →]

タグ :

警察官の情報漏洩事件

2015年10月14日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

10月14日、交際中の女性に逮捕状が出ているという捜査情報を漏えいしたとして、宮崎県県警の警察官が逮捕された。
逮捕されたのは宮崎県警組織犯罪対策課の35歳男性巡査部長。
巡査部長は昨年8月下旬、交際中の女性に対し、違法薬物を所持しているとして逮捕状が出ていることを伝え、逃亡させた犯人隠避の
疑いで逮捕された。
このような事件も時々発生している。
2006年には私の古巣である宮城県警でも、巡査部長が捜査を通じて親密な関係になった女性に対し
警察捜査資料を複写して手渡したとして逮捕されている。
当時、私の先輩警察官だったので衝撃を受けた。
何故、このように繰り返されるのか
ワイドスクランブルで検証していた。

[続きを読む →]

タグ :

無効な交通取締りがまた発生

2015年10月06日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

このコラムの中でも度々、無効な標識による取締りが繰り返されている現状を述べてきている。また、これからもまだまだこの問題は続いていくことも指摘している。
確か最近では9月7日のコラムで、無効な一時停止標識による取締りを紹介したばかりだ。
その都度、警察の責任ある方々は再発防止ということをコメントしている。
それから約1カ月、和歌山県警でも無効な標識による取締りが発覚した。
もちろん県警では取締りをした4件の事案に関して反則金の還付や行政処分の抹消を行う。
誤った取締りが行われていたのは御坊市湯川町財部にある市道と国道が交わる交差点。
直進可能な交差点について直進した車両の取締りを行っていたというもの。
単純な規制担当者の人為的ミスである。
規制標識に基づく誤検挙はこの人為的ミスである。
全国一斉に徹底した見直しをすればいいのにと感じるが、それができないのが組織の不思議なところである。
和歌山県警交通企画課次席は「こうした事例を繰り返さないように努めたい」とコメントしている。
他山の石というものを自覚していなかったことが明らかだと思う。

[続きを読む →]

タグ :