2016年08月25日のエントリー

当社交通事故調査の背景にあるもの

2016年08月25日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

まさに渦中の警察署。
「基本的に警察官を信じたい」
私もそう願っております。
しかし鵜呑みにする危険性も繰り返し具現化されております。
当社は交通事故の刑事事件に関して、警察官の虚偽報告、過失記載が警察、検察の組織上発覚しないまま通過して法廷に持ち込まれる可能性があることを調査な大前提にしています。
勿論民事裁判も同じです。
だから実況見分調書通りで裁判をしましょうという弁護士とはうまく噛み合いません。
以下TBS news iから転載です。
神奈川県警巡査部長を書類送検、調書偽造の疑い
 神奈川県警の巡査部長が事件捜査の中で作成した調書にウソの内容を書いていたことがわかり、県警は証拠偽造の疑いで巡査部長を書類送検しました。
 証拠を偽造したとして書類送検されたのは、神奈川県警・大船警察署の刑事課に所属する40代の巡査部長です。
 捜査関係者によりますと、巡査部長は、去年10月、薬物事件の捜査の中で、容疑者の男が大麻を持っていたのを目撃した人から話を聞き、調書を作成しました。その際、目撃者は、「男が路上で大麻を持っているのを見た」と証言しましたが、巡査部長は「男が自宅の部屋の中でも大麻を持っているのを見た」と目撃者が話していない内容を書いていたということです。この偽造された調書などを基に男の自宅の家宅捜索が行われました。
 巡査部長は調書を偽造したことを認めているということです。
 神奈川県警は、「巡査部長を厳正に処分したい」としています。(23日16:58)

[続きを読む →]

タグ :

交通事故鑑定の実際

2016年08月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

8月も現地調査と裁判に追われている。
その中では警察官が作成した書面が様々な影響を与えている。
捜査目的達成のためにやむを得ないかと感じる時がある。

当然保険会社から委託を受けている調査会社が作成した報告書も毎日のように拝見する。
まぁ、ひどいなぁと感じることも度々ある。
それでも保険契約者のためになる仕事をしているのだからやむを得ないかと納得しながら読んでいる。

弁護士が裁判上作成する準備書面とも毎日対面している。
これは少しタチが悪い。
依頼者の利益のために仕事をしているのだから、相手方を否定するのはやむを得ないと納得しているが、その否定の論述が全く交通基礎工学すら筋が通らないひどいものである。
交通事故鑑定会社が作成する「鑑定書」という題名がついた斜面もたびたびお目にかかる。
これは一番酷い。
作成費は100〜150万円だそうだが、裁判ではどのように使用するのだろう?
これは弁護士も悪い。
弁護士も交通事故の専門性が全くわからないから、鑑定書に疑問も抱かず受け取る。
結局、依頼人は経済的二次被害を受ける。

[続きを読む →]

タグ :