2016年10月31日のエントリー

警察官の飲酒運転、兵庫県警

2016年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

兵庫県豊岡市の国道で信号無視をしたとして、55歳の男が逮捕された。男は現職の兵庫県警の警察官だった。逮捕前の検査では基準値を下回るものの、アルコールが検知されていた。
 道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、兵庫県警美方警察署の巡査部長・阪本範彦容疑者。警察によると阪本容疑者は3日午後3時半頃、自家用車を運転中、豊岡市内の交差点で、信号無視をパトカーに発見されたものの警告を無視し、逃走。4日になって逮捕されたもの。
 阪本容疑者は信号無視は認めているということだが、逮捕前の検査では基準値を下回るものの、アルコールが検知されていた。
 美方警察署は「誠に遺憾。今後、指導を徹底していく」とコメントしている。

[続きを読む →]

タグ :

適正捜査の重要性

2016年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

一見すると無罪判決を言い渡した高裁裁判官が常識はずれのように感じます。
しかし、適正捜査は絶対に守られなければいけません。
悪を捕まえるために、必要悪を許してはダメというのが捜査です。
京都市内の駐車場で覚醒剤を持っていた罪などに問われた被告の2審の裁判で、大阪高等裁判所は、「警察官が、男性の許可なく所持品を調べるなど違法な捜査をした」として、1審の有罪判決を破棄し、無罪を言い渡しました。
無罪判決を受けたのは、京都府亀岡市の47歳の会社員の男性で、おととし10月、京都市南区のパチンコ店の駐車場で覚醒剤を持っていたなどとして、逮捕・起訴され、京都地方裁判所は、去年10月、懲役1年4か月の実刑判決を言い渡しました。
男性は、警察が違法な捜査をしたとして控訴し、無罪を主張していました。
13日の判決で、大阪高等裁判所の西田眞基裁判長は、「警察官は、男性の許可なくポーチのチャックを開けて所持品を調べたが、職務質問で許される範囲を超えていた。
男性のプライバシーを侵害する行為で違法な捜査だった」と指摘して1審の判決を破棄し、無罪を言い渡しまし

[続きを読む →]

タグ :

警察官の飲酒運転、富山県警

2016年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

もう珍しいことでは無くなったと思います。
氷山の一角なんかではすまされません。
16日の早朝、富山西警察署の21歳の警察官が、射水市で車を運転中に事故を起こし、その後、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。
この警察官は、逮捕される30分ほど前に、別の警察官による職務質問から逃げだした末、事故を起こしたということです。
逮捕されたのは、富山西警察署の地域課に勤務する巡査、北村優太朗容疑者(21)です。
警察によりますと、北村巡査は、休暇だった16日午前5時半すぎ、射水市内で乗用車を運転中、郵便局の看板にぶつかる事故を起こしました。
通りがかりの人からの通報で現場にかけつけた警察官が調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたため、北村巡査は酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。
北村巡査は、逮捕される30分ほど前の午前5時ごろには、事故現場から3キロほど離れた射水市内の交差点で、車で信号待ちをしていた際に眠り込み、信号が青に変わっても車を発進させないことを不審に思ったパトロール中の警察官から職務質問を受けましたが、隙を見て車で逃げ出したということです。
調べに対して北村容疑者は容疑を認め、「大変なことをした。申し訳ない」と供述しているということです。
北村巡査は15日の午後から16日まで休暇だったということで、警察では、北村巡査がどこで何時ごろまで酒を飲んでいたのかなどを詳しく調べています。
富山県警察本部の渡邉泰輔警務部長は「誠に遺憾であり、県民の皆様に深くお詫び申し上げます。事実関係を捜査し、厳正に対処します」とコメントしています。

[続きを読む →]

タグ :

飲酒事故捜査の困難性

2016年10月31日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

このニュースの本質を見抜くことができる人は少ない。
私はこれまでも直接本音で話しができる人に限って、とことんわかりやすく丁寧に話してきたが、理解を得られなかったように感じている。
まさか、警察かそんな!
極端な出来事でしょ?
軽くやり過ごされていた感じが強い。
事件に関わっているご遺族でも信用してもらえなかった。
以下、毎日新聞ニュース
 アルコール検査を途中で終わらせて基準を下回る捜査結果を報告したとして、千葉県警は28日、館山署地域課の男性警部補(55)と、部下だった男性巡査長(34)を証拠隠滅や犯人隠避などの容疑で千葉地検に書類送検した。
 容疑は、7月4日午前1時20分ごろ、同県館山市で起きた車同士の人身事故の捜査で、酒の臭いがした40代の男性会社員に対する呼気検査を途中で終わらせ、飲酒運転事故の証拠を隠したなどとしている。県警によると、警部補は呼気検査の数値が上昇するのを見て「アルコールが政令基準値(0.15ミリ)を超えれば現行犯逮捕しないといけない」と思って呼気で膨らんだ風船を検査管から抜き、巡査長に「0.1でやっておけよ」と指示。巡査長は「0.05ミリ以上」との虚偽報告書を作ったという。
 県警の調べに、警部補は「忙しくて自分も休みたかったし、部下も休ませたかった」、巡査長は「(指示に)あぜんとしたが、上司との関係が悪化することを恐れて反論できなかった」と話したという。【金森崇之
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 

[続きを読む →]

タグ :

警察官の飲酒運転

2016年10月20日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

山口県警は何度か訪問したことがあるから残念だ。
飲酒運転の撲滅は誰もが声をあげるが、現実的には相当難しい。
個人の倫理観や遵法精神の高揚に頼らざるを得ない側面が強いからだろう。
このコラムでも度々述べているが、必ず再発する。
警察官が酒気帯び運転で逮捕。山口県警。出勤途中に車に追突し酒気帯びが露見
18日午前、山口市の警察署に勤務する23歳の巡査がマイカーで出勤する途中に車に追突し酒気帯びの状態で運転していたとして逮捕されました。
巡査は、交通安全を呼びかける交通課に勤務していました。
逮捕されたのは、山口南警察署交通課の巡査・田中梨江容疑者(23)です。
警察によりますと、田中巡査は18日午前9時前、山口市黒川の県道の交差点でマイカーで出勤する途中に右折待ちをしていた乗用車に追突し、そのまま立ち去りました。
乗用車を運転していた男性が警察に通報するとともに追跡したところ、10キロほど離れた場所で停車し、駆けつけた警察官が調べた結果、基準を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕されました。
男性にけがはありませんでした。
警察によりますと、朝、田中巡査が出勤しなかったため、上司が連絡したところ「きょうは少し遅れます」と話していたということです。
調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察が飲酒の状況や事故の原因を詳しく調べています。
田中巡査は平成23年に採用されたあと、おもに交通部門に勤務し、山口南警察署でも去年3月からシートベルトの着用など交通安全を呼びかけていました。
山口県警察本部の村岡高文首席監察官は「誠に遺憾で、今後捜査結果などを踏まえ厳正に対処します」とコメントしてます。

[続きを読む →]

タグ :